ぼくの言の葉がきみに舞う

 常世には常葉という妹がいた。
 妹は戊辰戦争で土方の小姓市村鉄之助に扮して箱館戦争に加わった。
 その妹を陰から守っていたのが、兄である常世だ。
 妹を守るために身につけたたくさんの術。しかしもうそれも必要ない。
 常葉は土方と生きることを決めたからだ。

 常世は妹の常葉に代わって市村鉄之助になり変わり、土方の遺品を持って東京は日野へ。
 遺品の全てをを届けたら、異国にでも渡ろうか。
 妹を守るという支えをなくした常世は、半ば人生を諦めかけていた。
 そんな時に噂に聞いた残党狩りに遭遇する。
 狩られようとしていたのは元新選組隊士の十羽(とわ)という女だった。残党狩りのやり口と、十羽が妹と重なって反射的に助け出す。

「自分の人生を生きなさい」
「俺の、人生……」

 これは、常世と十羽の旅恋物語である。

※小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。
24hポイント 596pt
小説 2,413 位 / 104,817件 歴史・時代 24 位 / 1,386件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

私の婚約者が完璧過ぎて私にばかり批判が来る件について

恋愛 / 完結 24h.ポイント:5857pt お気に入り:3466

華麗に離縁してみせますわ!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:4323pt お気に入り:9285

好いたの惚れたの恋茶屋通り

歴史・時代 / 連載中 24h.ポイント:4076pt お気に入り:156

(本編完結・番外編不定期更新)愛を教えてくれた人

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:20193pt お気に入り:499

マルチ祥鳳 ~改造小型空母奮戦録~

歴史・時代 / 連載中 24h.ポイント:4694pt お気に入り:72

妹の身代わりとされた姉は向かった先で大切にされる

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:27181pt お気に入り:9785