さよならとつぶやいて、きみは夏空に消えた

――きみと出逢ったのは、遠い夏の日――

東京の会社を辞めて、祖母の骨董店を継いだ透のもとを訪ねてきたのは、ちょっと不思議な女の子。

彼女は売り物の古いフォトフレームを指さして、その中に入っていたはずの写真を探していると言う。色褪せた写真に隠された、少女の秘密とは……。

なぜか記憶から消えてしまった、十五年前の夏休み。初恋の幼馴染みと同じ名を持つ少女とともに、失われた思い出を探す喪失と再生の物語です。




【ほたるび骨董店の内緒話シリーズ・夏】


※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません。
24hポイント 56pt
小説 10,799 位 / 105,902件 ライト文芸 189 位 / 4,775件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄されたはずなのに、元婚約者が溺愛してくるのですが

恋愛 / 完結 24h.ポイント:4096pt お気に入り:1899

幼馴染がそんなに良いなら、婚約解消いたしましょうか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:175264pt お気に入り:3454

〖完結〗旦那様が私を殺そうとしました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:141559pt お気に入り:1940