橘 弥久莉

橘 弥久莉

初めまして。2015.7から恋愛小説を執筆しています。お時間のある時に、読んでいただけると嬉しいです。完読してもらえる作品を投稿できるよう、頑張ります。
12
「この世に存在する意味がない」。 そんな言葉を遺し、親友が命を絶った 忌まわしい事件から十年。 加害者家族を支援する団体で臨床心理士 として活動している卜部吾都(うらべあさと) は、交流会、『心のよりどころ』で、兄が 殺人を犯したという藤治佐奈に出会う。  「加害者家族であるわたしは、幸せになっ てはいけない」。参加者の前でそう語る彼女 の瞳は暗い影を宿していて、吾都は罪の呪縛 から彼女を救いたいと感じる。 けれど日々の活動に忙殺され彼女に連絡出来 ないまま時を過ごしていた吾都は、ある晩、 偶然にも彼女が命を絶とうとする場面に 居合わせ、我が身を投げ出し助けることに。 後日、顔を合わせた彼女に死のうとした 理由を訊ねると、『兄』ではない『兄』 からの手紙に書かれた一文に絶望し、生きる 気力をなくしたということだった。 ーー彼女の身に何かが起ころうとしている。 謎の一文に言い知れぬ胸騒ぎを覚えた吾都は、 佐奈と共に手紙の送り主を探し始める。 この『兄』は誰なのか?旧知の友である刑事 課の木林誠道に力を借りながら真実を手繰り 寄せるうちに、吾都は心に闇を抱える佐奈に 「笑っていて欲しい」という慕情のような 想いを抱くようになり……。 心に傷を負った臨床心理士と、加害者家族 という罪を抱える古書店員が織り成す ヒューマン・ラブミステリー。 ※この物語はフィクションです。登場する 人物・団体・名称等は架空のものであり、 実在のものとは関係ありません。 ※表紙はミカスケ様のフリーイラストから お借りしています。 ※作中の画像はフリー画像サイト、pixabay からお借りしています。 <参考文献・引用元> ・息子が人を殺しました 加害者家族の真実 阿部 恭子 著 幻冬舎新書 ・加害者家族 鈴木 伸元 著 幻冬舎新書 ・死刑冤罪 戦後6事件をたどる  里見 繁 著 インパクト出版
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 ライト文芸 7,556 位 / 7,556件
文字数 136,837 最終更新日 2023.07.29 登録日 2023.06.30
 不慮の事故で姉を亡くして以来、前向きに 自分の人生を生きられなかった古都里。三回 忌の法要を終えた帰り道、ふと懐かしさに導 かれ足を運んだ箏曲の定期演奏会で、会の主 催者であり、大師範の村雨右京と出会う。魅 惑的な雰囲気の漂う彼に、箏のお稽古を見学 しに来るよう諭された古都里は、悩みながら も彼の家へ。そこでほんのひと時、大好きな 箏の音に触れ心が揺らぐも入会を決めること が出来ず、曖昧な返事をして帰ってしまう。 しかし、忘れ物に気付き取りに戻った先で、 思いがけず彼の正体が「あやかし狐」だと 知ってしまった古都里は、そのまま住み込み で働きながら箏曲を習うこととなり……。  ありのままの自分を受け入れながら、異類 との出会いに大切な想いを見つけてゆく純愛 あやかしファンタジー。 ※毎日更新。二〇二二年十二月完結予定。 カメ更新となりますが、お付き合いいただ けると嬉しいです。 ・この物語はフィクションです。 ・表紙画像、及び作中の画像はフリー画像 サイト、pixabayからお借りしています。 ・箏曲の譜面の歌詞を一部載せていますが、 著作権は消滅しています。 ・文中に「弦」と「絃」の表記の違いが ありますが、旧字と新字の違いでどちらも 誤りではありません。 <参考文献> ・日本の妖怪 謎と不思議 ヴィジュアル版 謎シリーズ GAKKN ・知識ゼロからの妖怪入門  小松和彦(著)柴田ゆう(画)幻冬舎 ・もののけの正体  怪談はこうして生まれた  原田 実(著) 新潮社 ・日本異類図典 朝里 樹(監修)GB ・宮城道夫小曲集 筝曲楽譜 大日本家庭音楽会 ・命には続きがある 矢作 直樹(著)PHP文庫
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 キャラ文芸 4,364 位 / 4,364件
文字数 131,513 最終更新日 2023.01.15 登録日 2022.10.04
国立大学の教務課で働く桜井満留は、病床 に臥す母親を抱えながらひとり、鬱々とした 日々を過ごしていた。余命幾ばくもない母の ため、大学と同一敷地内に隣接する国立病院 に泊まり込みで看病をしていた満留は、ある 夜、お化けが出ると噂のある中庭で一人の 少年と出会う。半年前に亡くなった祖母を 想いながらこの中庭によく足を運ぶのだと話 をしてくれた少年、満に、自分と同じ孤独を 垣間見た満留はひと時の癒しを求め中庭で会 うように。 一方、大学でタイムマシンの原理を研究し ているという風変わりな准教授、妹崎紫暢 ともある出来事をきっかけに距離が縮まり、 意識するようになって……。 誰とでも仲良くなれるけれど「会いたい」 「寂しい」と、自分から手を伸ばすことが 出来ない満留はいつもゆるい孤独の中を 生きてきた。けれど、母の手紙に背中を 押された満留は大切な人たちとの繋がり を失わぬよう、大きな一歩を踏み出す。 勇気を出して手を伸ばした満留が知る 真実とは?  母娘の絆と別れ。親子のすれ違いと再生。 異なる種類の孤独を胸に抱えながらもそれ を乗り越え、心を通わせてゆくヒューマン・ ラブストーリー。 ※エブリスタ新作セレクション選出作品。 2022.7.28 ※この物語は一部、実話を交えています。 主人公の母、芳子は四十九歳の若さで他界 した作者の祖母の名であり、職業こそ違う ものの祖母の人生を投影しています. ※この物語はフィクションです。 ※表紙の画像はミカスケ様のフリーイラスト からお借りしています。 ※作中の画像はフリー画像サイトpixabayから お借りしています。 ※作中に病気に関する描写がありますが、 あくまで作者の経験と主観によるものです。 ===== 参考文献・参考サイト ・Newtonライト3.0 相対性理論 ゼロからわかる相対性理論入門書 ・タイムマシン、空想じゃない 時空の謎に迫る研究者 https://www.asahi.com/articles/ ASNDS2VNWND2PISC011.html ・日本物理学会 https://www.jps.or.jp/books/gakkaishi/ files/71-09_70fushigi.pdf ・メンタル心理そらくも https://sorakumo.jp/report/archives/125
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 ライト文芸 7,556 位 / 7,556件
文字数 116,087 最終更新日 2022.07.31 登録日 2022.06.25
ライト文芸 完結 ショートショート
「死」が二人を分かつまで。 幼馴染の大壱とそう誓ったあの日から、 10年が過ぎた。子宝にも恵まれ、ごく 平凡で穏やかな日々を送っていた波留は、 ある時を境に夫の病に向かい合うことと なる。しばらく前から、夫の不可解な 言動に不安を抱いていた波留に医師の口 から告げられた病名は、「若年性認知症」。 ――結婚から6年目のことだった。 病魔がもたらす「破壊」と、愛情がもた らす「構築」。その狭間で、変わらぬ愛 と、ささやかな幸せを見つけてゆく夫婦 のハートフルストーリー。 *作者よりひと言* 認知症を患い、少しずつ「自分らしさ」 を失ってゆく義母を想いながら執筆させ ていただきました。胸が苦しくなって しまう部分もあるかと思いますが、同じ 病に苦しむ方々に、何かが伝わればと 思います。 ※この物語はフィクションです。 ※表紙画像はフリー画像サイト、pixabay から選んだものを使用しています。 ※参考文献:認知症の私から見える社会 丹野智文・講談社 ボケ日和 長谷川嘉哉・かんき出版
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 ライト文芸 7,556 位 / 7,556件
文字数 7,790 最終更新日 2022.07.31 登録日 2022.07.31
ライト文芸 完結 ショートショート
あの日、僕は命を捨てるためにその崖に向かった。そこには、白衣を着た「まもりびと」がいた。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 ライト文芸 7,556 位 / 7,556件
文字数 7,342 最終更新日 2022.07.27 登録日 2022.07.27
真面目すぎて少々堅苦しい 印象を与える世界史の教師、高山千沙 には密かに心を寄せる相手がいる。 7つ年下の幼馴染であり、この学園 きっての秀才、蘇芳侑久。彼には壮大 な夢があり、そして千沙には父親に引 き合わされた恋人がいた。世間一般の 物指しにそぐわない想いから目を逸ら そうとしていた千沙は、ある日、侑久 に助けられたことをきっかけに、その 想いの深さに気付いてしまい……。 「恋に焦がれて鳴く蝉よりも」番外編・ 外伝的シリーズ完結作。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 恋愛 56,266 位 / 56,266件
文字数 66,773 最終更新日 2022.04.04 登録日 2022.02.22
入社時から、ひたむきな想いを寄せていた蛍里に失恋して から約一年。滝田は遣る瀬無い想いを抱えたまま、前に 進めずにいた。そんな中、蛍里と同じ経理部で働く結子 から飲みに誘われる。渡されたメモを見、彼女から寄せ られる想いに気付きながらも、滝田は月に一度、結子と 会うように。けれど、いつまでも自分の気持ちを見つけ られない滝田に痺れを切らした結子は……。 「恋に焦がれて鳴く蝉よりも」番外編。第二部・滝田編。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 恋愛 56,266 位 / 56,266件
文字数 20,260 最終更新日 2021.12.01 登録日 2021.11.30
 榊一久との婚約解消を決心し、ひとりホテルに残った 紫月の部屋に謎めいたメモ用紙が差し込まれていた。  そこに記された一文に一瞬でも癒された紫月は、 そのメモ用紙を持ち帰る。後日、まだ失恋の傷も癒えぬ うちに父親から縁談の話を聞かされて……。  恋に焦がれて鳴く蝉よりも・外伝的シリーズ三部作。 第一部・秋元紫月のその後。 ※この物語は「恋に焦がれて鳴く蝉よりも」の番外編です。 このままお読みいただくことも可能ですが、本編を読んで いただいた方が、より、楽しめるかと思います。 ※この物語はフィクションです。作中に登場する人物や 団体は実在しません。 ※ココ・シャネルの名言を引用していますが、没後50年 経過してるので著作権の問題はありません。 ※表紙画像はフリー画像サイト、Pixabayの画像を使用 しています。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 恋愛 56,266 位 / 56,266件
文字数 58,247 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.11
 “少しずつ視野が狭くなってゆく”という病を 高校生の時に発症した純一は、多少の生きづらさ を感じながらも、普通の人と同じように日々を 過ごしていた。  ある日の仕事帰り、自転車でのんびりと住宅街 を走っていた時に、ふとした油断から通行人の女性 にぶつかってしまう。慌てて自転車から降り、転ば せてしまった女性の顔を覗き込めば、乱れた髪の 隙間から“補聴器”が見えた。幸い、彼女は軽く膝を 擦りむいただけだったが、責任を感じた純一は名刺 を渡し、彼女を自宅まで送り届ける。 ----もう、会うこともないだろう。  別れ際にそう思った純一の胸は、チクリと痛みを 覚えていたのだけれど……。  見えていた世界を少しずつ失ってゆく苦しみと、 生まれつき音のない世界を生きている苦しみ。  異なる障がいを持つ二人が恋を見つけてゆく、 ハートフルラブストーリー。 ※第4回ほっこり、じんわり大賞  ~涙じんわり賞受賞作品~ ☆温かなご感想や応援、ありがとうございました!  心から感謝いたします。 ※この物語はフィクションです。作中に登場する 人物や団体は実在しません。 ※表紙の画像は友人M.H様から頂いたものを、 本人の許可を得て使用しています。 ※作中の画像は、フリー画像のフォトACから選んだ ものを使用しています。 《参考文献・資料》 ・こころの耳---伝えたい。だからあきらめない。 =早瀬 久美:講談社 ・与えられたこの道で---聴覚障害者として私が 生きた日々=若林静子:吉備人出版 ・難病情報センター https://www.nanbyou.or.jp/entry/196 ・https://koikeganka.com/news/oshirase/sick/4425
24h.ポイント 28pt
小説 21,939 位 / 185,276件 ライト文芸 378 位 / 7,556件
文字数 114,937 最終更新日 2021.08.29 登録日 2021.07.22
大手外食企業で平凡なOL生活を送っていた蛍里は、ある日、自分のデスクの上に一冊の本が置いてあるのを見つける。持ち主不明のその本を手に取ってパラパラとめくってみれば、タイトルや出版年月などが印刷されているページの端に、「https」から始まるホームページのアドレスが鉛筆で記入されていた。蛍里は興味本位でその本を自宅へ持ち帰り、自室のパソコンでアドレスを入力する。すると、検索ボタンを押して出てきたサイトは「詩乃守人」という作者が管理する小説サイトだった。読書が唯一の趣味といえる蛍里は、一つ目の作品を読み終えた瞬間に、詩乃守人のファンになってしまう。今まで感想というものを作者に送ったことはなかったが、気が付いた時にはサイトのトップメニューにある「御感想はこちらへ」のボタンを押していた。数日後、管理人である詩乃守人から返事が届く。物語の文章と違わず、繊細な言葉づかいで返事を送ってくれる詩乃守人に蛍里は惹かれ始める。時を同じくして、平穏だったOL生活にも変化が起こり始め………恋に恋する文学少女が織りなす、純愛ラブストーリー。 ※表紙画像は、フリー画像サイト、pixabayから選んだものを使用しています。 ※この物語はフィクションです。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 恋愛 56,266 位 / 56,266件
文字数 105,658 最終更新日 2021.04.29 登録日 2021.02.17
藤守つばさには、見えてしまうものがある。それは、普通の人はまず見ることのない、いわゆる「幽霊」という類のもの……。隣に住む幼馴染の黒沢斗哉と共に、つばさはさまざまな心霊現象に巻き込まれていく。ある日、学園祭の舞台練習を終えたつばさと斗哉は、忘れ物を取りに、“幽霊が出る”と噂される講堂の地下道へ行くことに。第二実験室に忘れたレポートは見つかるものの、つばさは噂の幽霊に遭遇してしまう。ずっと幼馴染だと思っていた斗哉との関係も、学園祭を機に微妙に変わり初めて……。エピソードⅢからは、霊能力を持つ転校生の神崎嵐も現れて、恋の方は三角関係に突入!?幼馴染ラブ×心霊ホラー×ちょっと笑える、かもしれない長編作品。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 ライト文芸 7,556 位 / 7,556件
文字数 242,289 最終更新日 2020.12.18 登録日 2020.07.01
真面目だけど控え目で恋愛経験の乏しい遠野 和臣は、偶然、立ち寄った花屋の店員に恋をした。職場である図書館と彼女のいる花屋とを行き来する日々が始まる。一方、仕事にも恋愛にも不自由のない永倉 恭介は、偶然、出会ったBarで見つけた女性に心惹かれていく。もう、本気の恋はしないと決めていたのに、気が付いた時には……。別々の場所で始まった二つの恋が、いつの間にか運命の悪戯で絡まってゆく、ヒューマン・ラブストーリー。男性目線で描かれており、物語の後半に話が急展開します。
24h.ポイント 0pt
小説 185,276 位 / 185,276件 恋愛 56,266 位 / 56,266件
文字数 114,482 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.05.20
12