寝たふりして机に突っ伏していると近くから僕の配信について感想を言い合う美少女たちの声が聞こえてくるんだが!?

 木高影斗(きだかかげと)はいじめられっ子である。
 学校に居場所はなく、友人などいるわけがなく、親しい人すらいなかった。
 いや、正確には一人だけ、幼なじみの入間日向(いるまひなた)だけは、影斗唯一の信頼できる人間だった。
 しかしそんな日向に対しても、迷惑をかけないため、高校に入ってからは校内では他人のフリをしてもらっていた。
 つまり、学校で影斗と親しくしている人物はゼロだった。
 そのため、大神ヒロタカといういじめっ子とその取り巻きにいいようにされる日々が続いていた。
 だが、彼は家に帰ってから本領を発揮する。
 ひとたび雲母坂キララ(きららざかきらら)というバーチャル美少女の皮を被るなり、影斗はVTuberへと姿を変える。
 思いつきで始めた配信者生活だったが、気づけば大人気VTuberと言われるまでになっていた。
「ここでなら僕は本当の自分でいられる」
 そんな確信と心の支えがあることで、影斗は学校でもなんとか平静を保って生きていられた。
 今までは。
「ねえ、キララちゃんの配信見た?」
「昨日もかわいかったよねー!」
 なんと、学級委員、庄司怜(しょうじれい)の所属するグループが雲母坂キララの配信について話をしていたのだ。
 思わず美少女グループの話に耳を傾けていたところ、影斗は怜に目をつけられてしまう。
 不意打ちのように質問をぶつけられ、周囲の注意を集めることに。
 その場ではなんとか答え、胸をなで下ろし油断していた矢先。
「あなたが雲母坂キララってこと?」
 怜から確信的な質問をされる。
 慌てふためく影斗だったが、その目は失望よりも期待に満ちていて?
 影斗の日常はこの日を境に狂い出す。
 一方、影斗をいじめていた大神はその地位を失っていく。

 いじめられっ子バーチャル美少女の僕が配信している内容をクラスの美少女たちが話してるんだが!?

この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

この小説は他サイトでも投稿しています。
24h.ポイント 28pt
4
小説 22,727 位 / 187,128件 青春 330 位 / 6,803件