婚約者マウントを取ってくる幼馴染の話をしぶしぶ聞いていたら、あることに気が付いてしまいました 

「ベルティーユ、こうして会うのは3年ぶりかしらっ。ねえ、聞いてくださいまし! わたくし一昨日、隣国の次期侯爵様と婚約しましたのっ!」

 久しぶりにお屋敷にやって来た、幼馴染の子爵令嬢レリア。彼女は婚約者を自慢をするためにわざわざ来て、私も婚約をしていると知ったら更に酷いことになってしまう。
 自分の婚約者の方がお金持ちだから偉いだとか、自分のエンゲージリングの方が高価だとか。外で口にしてしまえば大問題になる発言を平気で行い、私は幼馴染だから我慢をして聞いていた。

 ――でも――。そうしていたら、あることに気が付いた。
 レリアの婚約者様一家が経営されているという、ルナレーズ商会。そちらって、確か――

24hポイント 1,171pt
小説 1,552 位 / 125,875件 恋愛 724 位 / 36,018件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:32035pt お気に入り:31307

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:10799pt お気に入り:22646

婚約破棄をしたら、推進している事業が破綻しませんか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:5582pt お気に入り:2889

悪役令嬢だけど、私としては推しが見れたら十分なんですが?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:475pt お気に入り:4956