君こそが僕の花 ーー ある騎士の恋

こちらの話は、『あなたの愛など要りません』の外伝となります。

メインキャラクターの一人、ランスロットの恋のお話です。


「女性は、花に似ていると思うんだ。水をやる様に愛情を注ぎ、大切に守り慈しむ。すると更に女性は美しく咲き誇るんだ」


そうランスロットに話したのは、ずっと側で自分と母を守ってくれていた叔父だった。


12歳という若さで、武の名門バームガウラス公爵家当主の座に着いたランスロット。

愛人宅に入り浸りの実父と訣別し、愛する母を守る道を選んだあの日から6年。

18歳になったランスロットに、ある令嬢との出会いが訪れる。


自分は、母を無視し続けた実父の様になるのではないか。
それとも、ずっと母を支え続けた叔父の様になれるのだろうか。


自分だけの花を見つける日が来る事を思いながら、それでもランスロットの心は不安に揺れた。


だが、そんな迷いや不安は一瞬で消える。

ヴィオレッタという少女の不遇を目の当たりにした時に ーーー


守りたい、助けたい、彼女にずっと笑っていてほしい。


ヴィオレッタの為に奔走するランスロットは、自分の内にあるこの感情が恋だとまだ気づかない。



※ なろうさんでも連載しています




24hポイント 5,601pt
小説 346 位 / 144,673件 恋愛 173 位 / 45,289件