麗しのフロイライン、その復讐譚

一点の汚れもない純白のドレス、美しい白い髪、鮮血の如く赤い瞳の持ち主は、誰もが見惚れるほどの笑みを浮かべて、自分の望みを明かした。
「猟期殺人犯の方にお話しするには余りにも陳腐で面映ゆいのですけど────復讐です」
「俺の欲しいものをなんでも差し出すっつったな? それが、テメェの命でもか?」
「言うに及ばず」
────これは、麗しのフロイラインによる、復讐譚。

※ムーンライトノベルズにも掲載しております。
24hポイント 14pt
小説 29,291 位 / 148,541件 BL 6,470 位 / 17,090件