婚約破棄したい婚約者が雇った別れさせ屋に、何故か本気で溺愛されていました

「私、聞いてしまいました。」

__ヴィオレット・ブラシュール伯爵令嬢は、婚約者であるフェルナンド・ブルレック辺境伯令息に嫌われている。

 ヴィオレットがフェルナンドにどんなに嫌われても、たとえ妹のモニクと浮気をされたとしても、この婚姻は絶対で婚約破棄などできない。

 それでもなんとかヴィオレット側の都合による婚約破棄に持ち込みたいフェルナンドは、『別れさせ屋』に依頼をする。

 最近貴族の間で人気があるラングレー商会の若き会長は、整った顔立ちな上に紳士的で優しく、まさに『別れさせ屋』にはぴったりの人選だった。

 絶対に婚約破棄をするつもりがない令嬢と、嫌いな令嬢との婚約を破棄したい令息、そして別れさせ屋のイケメンのお話。


『小説家になろう』様、『カクヨム』様にも掲載中です。




24hポイント 113pt
小説 9,097 位 / 120,976件 ファンタジー 2,047 位 / 31,474件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

妹と結ばれる運命だと聞いたので王子離れしようと思います。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:36552pt お気に入り:4471

悪役令嬢は処刑されないように家出しました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:411pt お気に入り:2598

誰の代わりに愛されているのか知った私は優しい嘘に溺れていく

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:132954pt お気に入り:7343

妹が婚約者とキスしていたので

恋愛 / 完結 24h.ポイント:752pt お気に入り:56

高嶺の花がいなくなった日。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:107782pt お気に入り:6236