右手がくれた奇跡 〜南の島でイケメンスパダリ紳士に癒されています

主人公 南條朝陽(23歳)は急遽ひとり旅を思い立ち、片道の航空券だけを持って旅立ったが、到着した先はレンタカーもなく、ホテルも満室。
このままじゃネカフェか野宿かとがっかりしていた朝陽に声をかけてくれたのが、イケメン社長の蓮見涼平(32歳)
彼と共に南の島でラブラブで甘い生活が始まるが、朝陽には涼平に隠していることがあって……。
辛い経験をした朝陽をあの手この手で癒してくれる涼平に朝陽は恋心を抱いていきます。

甘々イチャラブのハッピーエンド小説です。
R18には※つけます。
実際にある地名が登場しますが、全て想像です。
24hポイント 568pt
小説 2,551 位 / 144,636件 BL 538 位 / 16,489件