ここは私の邸です。そろそろ出て行ってくれます?

「マリッサ、すまないが婚約は破棄させてもらう。俺は、運命の人を見つけたんだ!」

9年間婚約していた、デリオル様に婚約を破棄されました。運命の人とは、私の義妹のロクサーヌのようです。
そもそもデリオル様に好意を持っていないので、婚約破棄はかまいませんが、あなたには莫大な慰謝料を請求させていただきますし、借金の全額返済もしていただきます。それに、あなたが選んだロクサーヌは、令嬢ではありません。
幼い頃に両親を亡くした私は、8歳で侯爵になった。この国では、爵位を継いだ者には18歳まで後見人が必要で、ロクサーヌの父で私の叔父ドナルドが後見人として侯爵代理になった。
叔父は私を冷遇し、自分が侯爵のように振る舞って来ましたが、もうすぐ私は18歳。全てを返していただきます!

設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。
24h.ポイント 305pt
789
小説 4,145 位 / 185,706件 恋愛 2,042 位 / 56,331件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。