ザ・リベンジャー

シリアス&バイオレンスな世界感を描きたい。
※注意 内容に過激な表現が含まれているため、あらかじめご了承ください。

あらすじ
 その世界に召喚された者は、加護、そして【使命】所謂ジョブを持って現れる。
 そんな必然も、時にそうではない場合がある。
使命を持たないまま召喚され、それによって人生というものが破綻する。
そんな理不尽を体験する主人公は、平穏を奪われ、待っていたのは暴力と日々の生活苦。
 召喚した者への復讐さえ使命を持ち合わせない彼にはできないまま、生きるためにゆっくり人として落ちていった。
 ある日、召喚した者、お国の王女である姫への復讐の機会を得て、それは叶った……だが、それは彼の心を満たすことは無く、生きていることに疲れてしまう。
 そんな彼に、姫が悪魔を召喚し復讐しようと考え行動した。
 だが、姫には悪魔は召喚できず、その様子を見ていた彼は、自身の胸に刃を突き立て悪魔を呼ぶ。
「悪魔の召喚に必要なのが血なら俺の心臓ごとくれてやる!」
 そして、気が付くと彼は力を手にしていた。
 その力は、この世界に復讐するだけの力だった。
 殺し、殺し、殺し、嬲り、壊し、奪う生活の中で、彼は大切な者を見つけ安らぎを得ていたが、その存在を再び奪われそうになる。
 彼は守った、守って大切に大切にそれを抱えていた。
 だがしかし、それからも幾度も現れるのは彼から彼の大切なものを奪う存在だった。
 憎い、憎い、ニクイ!
 彼は奪う存在を憎み、復讐し、大切なものを守り続ける。
 それはまさに歪みの輪廻。
 これは単なる復讐だ、名誉も栄誉もない。
 恨み、憎み、その果てに俺が手にしたものが何だったのか――それを知ることになるだろう。
24hポイント 21pt
小説 13,593 位 / 67,739件 ファンタジー 2,966 位 / 20,600件