tobu_neko_kawaii

tobu_neko_kawaii

4
【あらすじ】 聖獣と呼ばれる生き物がいる世界、その世界で人狼として生まれた者がいた。  人の侵略を受け変化する日常、不幸な事から突然に不老不死になってしまって死ぬこともできない中、数百年生きたある日、全てを失い命を狙われる少女と出会う。  人狼は少女を助け、少女に生きがいを求め、助けられた少女は、狼の姿の彼が人になれるのではと、人狼である可能性を旨に秘めて生きていく。  そうして、二人だけで生活する中で、やがて災害や色々なハプニングに合い、愛し、恋し、二人は結ばれる。  それまでの波乱な物語と、それからの波乱の物語を描く。  少女は恋する人狼に――  人狼は恋をする助けた少女に――
24hポイント 0pt
小説 66,006 位 / 66,006件 ファンタジー 20,322 位 / 20,322件
文字数 129,219 最終更新日 2020.02.16 登録日 2019.10.06
SF 連載中 長編
 作者の一言。【作者=飛んでいる猫の写真カワイイなって思考の人】 ※面白いと思ったら、お気に入りにしてください。励みになります。(いや、マジ本当に)  一部はバッと上げて、続きはモチベ次第です。 【あらすじ】  主人公は中二の夏から学校にも通わず、日々フルダイブ環境の充実した自室で引きこもって、数々のフルダイブタイトルをプレイしていた。  そんな彼の元に、試作のタイトルのテスター募集が届く。 そのタイトルは、ブレイド・チェーン・オンライン。 早速、テスターとしてゲームに参加した彼は、すぐにその魅力にはまってしまう。  テスターとしてBCOの世界に浸り、正式オープンを向かえていよいよゲームが始まるその日、BCOのGMから自宅にセキュリティー用のHMCの部品が届いた。何の疑いもなく、その部品を取り付け仮想世界へとログインする彼。  ログインしてすぐ、黒い空間で言い渡されるデスゲーム開始の合図。  自宅に届いた付属部品が、小型爆弾だと告げられる。  『ルールは簡単!このゲームの全大陸をクリアすること!』  残酷な宣言をしたのは、ピエロの姿のアバターだった。  ピエロのアバターが不敵な笑みを浮かべて二つ目の条件を出すと、彼は衝撃を受ける。  約2千人のテスターの全滅、もしくは約8千人の非テスターの全滅。  テスター対非テスターの戦いが、この世界から出るもう一つの条件。  仮想世界に囚われた彼は、YATOとして戦いを強いられていく中で、昔馴染みのカイトと出会う。違法ツールによって自由を奪われていたカイト。そして、ヤトはカイトを助けるためにある秘めた彼の力を使う。  それを使いカイトを救ったヤト。だが、それが原因で、周囲にプレイヤーキラーとして見られるようになる彼は、超級レイドボスに一人で挑むことになる。  そうして、彼は仮想世界でデスゲームを強いられる。
24hポイント 85pt
小説 5,746 位 / 66,006件 SF 77 位 / 2,163件
文字数 186,636 最終更新日 2020.02.16 登録日 2019.10.19
※注意 過激な性表現が含まれます。 【あらすじ】  オークになったブラットが、南の大陸でオークとして女を支配していくうちに大陸を支配してしまう物語。  猫耳の女の子を犯します。エルフの村を襲い親子を犯します。  強敵に狙われます。返り討ちにします。犯します。  女体化フタナリっ娘にします。犯します。  天使のような姿の娘を犯します。  強敵に襲われ、返り討ちにし、女体化フタナリにします。犯します。  オークとして慣れていくうちに、魔法で振動や時間差を使用し調教していく。
24hポイント 14pt
小説 13,423 位 / 66,006件 ファンタジー 3,036 位 / 20,322件
文字数 44,214 最終更新日 2020.01.20 登録日 2020.01.19
シリアス&バイオレンスな世界感を描きたい。 ※注意 内容に過激な表現が含まれているため、あらかじめご了承ください。 あらすじ  その世界に召喚された者は、加護、そして【使命】所謂ジョブを持って現れる。  そんな必然も、時にそうではない場合がある。 使命を持たないまま召喚され、それによって人生というものが破綻する。 そんな理不尽を体験する主人公は、平穏を奪われ、待っていたのは暴力と日々の生活苦。  召喚した者への復讐さえ使命を持ち合わせない彼にはできないまま、生きるためにゆっくり人として落ちていった。  ある日、召喚した者、お国の王女である姫への復讐の機会を得て、それは叶った……だが、それは彼の心を満たすことは無く、生きていることに疲れてしまう。  そんな彼に、姫が悪魔を召喚し復讐しようと考え行動した。  だが、姫には悪魔は召喚できず、その様子を見ていた彼は、自身の胸に刃を突き立て悪魔を呼ぶ。 「悪魔の召喚に必要なのが血なら俺の心臓ごとくれてやる!」  そして、気が付くと彼は力を手にしていた。  その力は、この世界に復讐するだけの力だった。  殺し、殺し、殺し、嬲り、壊し、奪う生活の中で、彼は大切な者を見つけ安らぎを得ていたが、その存在を再び奪われそうになる。  彼は守った、守って大切に大切にそれを抱えていた。  だがしかし、それからも幾度も現れるのは彼から彼の大切なものを奪う存在だった。  憎い、憎い、ニクイ!  彼は奪う存在を憎み、復讐し、大切なものを守り続ける。  それはまさに歪みの輪廻。  これは単なる復讐だ、名誉も栄誉もない。  恨み、憎み、その果てに俺が手にしたものが何だったのか――それを知ることになるだろう。
24hポイント 14pt
小説 13,423 位 / 66,006件 ファンタジー 3,036 位 / 20,322件
文字数 121,365 最終更新日 2020.01.19 登録日 2020.01.19
4