鬼畜な師匠とおませなロリ弟子!

「お師匠様っ。お師匠様っ。あらすじですよー」
 
 ああ!? あーっ。めんどい。

「可愛いハクアに任せる」
「可愛い……! お任せくださいっ!」

 チョロイぜ!

「えっーと……最強で鬼畜なお師匠様が、年の瀬のいかない女の子達に性的なお仕置きをする話ですぅ~!! 特に私があられもなく犯されちゃいますぅ♪」

 そんな話じゃない。

「ハクア……。ふざけてると、破門するぞ?」
「は、破門は嫌ですぅ~っ。でも、お師匠様に冷たい瞳で見られるとゾクゾクしますぅ~」

 ……ハクアの奴、自分で自分を抱きしめてウットリしているよ。
 そうだった、ハクアに鞭を打っても飴にしかならないんだった。
 ならッ!!

「もう二度とお仕置きしてあげないからな」
「ハァンっ♪ 優しいお師匠様ぁんっ。素敵ですぅ~」

 ……ダメだ。

「何を言ってもハクアにはご褒美にしかならない」
「ナニがご褒美ですか!! 欲しいですぅ! お師匠様のご褒美っ! お師匠様のナニですぅ~っ……?」
「黙ってろ!」

 ゲンコツ!!

「はぁ~んっ。愛の鉄拳ですぅ~♪」

 ハクアは鼻血を出して気絶した。

「では、ムドウ。ハクアさんに代わり、このわたくし、フィーリルア王国女王にして世界一の美女、二十二歳。イリス・フィーリルアが説明致しましょう」
「……女王陛下。いますぐ、帰ってください」

 なんで居るんだよ!

「物語りは、最強の魔王ダムドールを、史上最強の英雄ムドウ・テンプが打ち倒した所から始まります」

 お?
 真面目か!

「世界を救った英雄ムドウ・テンプは……童貞を拗らせたロリコン野郎でした! 
 しかたなく、私は、ムドウのロリコンを矯正するために!」
「黙れぇええええええええええええええええええええーーっ!!」

 そんな話じゃないし。
 ロリコン関係ない。
 そもそもロリコンじゃない。

「美女の顔面を容赦なく殴るとは、流石は鬼畜王ですね」
「うるせー。年増がッッ!! 十二歳超えたら均一でババァなんだよ!
 しかも、既婚者とか、もはやそこに美女云々関係ないだろう。
 子供も居るし、そっちを連れて来いッ!!」
「ロリコンですね」

 違います。

「更に処女厨ですね」

 違います。

「一度死ぬしかありませんね」

 ふざけんなっ!

「と、こんな感じの作品ですね」
「勝手に纏めんなッ!」

24hポイント 0pt
小説 59,276 位 / 59,276件 ファンタジー 19,127 位 / 19,127件