三つの異能と魔眼魔術師

遥か昔に発見された「魔術」は時を経て、人々の生活の中で発展していった。新たな術式や方式、効率が見直されながら、人々の生活のみならずその体自身にも変化を与えていた。
そしてついに「新生代」と呼ばれる魔術に特化した人間が現れる。ほとんどの現17歳以下の少年少女たちに個性的かつ特異な「固有性質」と呼ばれる魔術体質が発言する中、四宮ハルトは同世代でも珍しい無固有者であった。それどころか一般的な魔導士にも劣る能力に周囲の人間から向けられる目は嘲笑や同情ばかりであった。

自身も劣等感にさいなまれながら日常を過ごしていたある日、事件は起きる。魔術とは根本から違う異能の力「古術」と、同様に最古から存在する「奇蹟」の力を持つ集団と衝突するハルト。そしてようやく明らかになる自分の能力の低さの理由。

三つの異能が衝突するとき、果たして何が起こるのか。
24hポイント 228pt
小説 3,506 位 / 66,123件 ファンタジー 914 位 / 20,326件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

自由に生きるためにチートガチャを回す

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:34

お礼(無謀)企画

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:1

桑の樹の枝の天蓋の内

歴史・時代 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:0

無能の烙印を押された村人~最強魔眼でチートを得る~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:146