【完結】好きな人に嘘告白されて笑いものにされて絶望して死のうと思ったら、イケメン幕末男子(幽霊)に慰められて人生やり直す話

「秋野、俺、お前のことが好きなんだ」

秋野カエデはクラス一番のイケメンであるケイスケから告白される。
カエデはケイスケのことを密かに思っていたので狂喜乱舞するのだが……。

「あ、ごめん。今のやっぱなし」
「え?」
「罰ゲームなんだわ」

だがそれは嘘告白だった。

絶望したカエデは死を決意する。

「死ぬなよ娘。お主の死に場所はここではない。もっと未来にあるはずだ」

死のうとしたカエデであったが、ひょんなことから出会った幕末男子(幽霊)の生き様に感服して考えを改める。

これはそんな現代を生きる一人の少女とイケメン幕末男子のお話しである。
24hポイント 21pt
小説 21,985 位 / 120,233件 恋愛 9,146 位 / 35,291件