あなたと二世の契りを

 俺の名前は貴澄(きすみ)、俺は毎日のように親友の琥太郎(こたろう)から彼の見る夢の話を聞かされていた。それは燃え盛る炎の中から姫を抱いて逃げるという内容で、琥太郎はそれを前世の夢だとそう言った。

 前世の記憶持ちの少年達の恋の話。
24hポイント 0pt
小説 148,184 位 / 148,184件 BL 17,033 位 / 17,033件