マリアとイヌ

 オートマタと呼ばれる人造生命体が普及しつつある世界。
 晴彦は普通の少年だったが、ある日、街でオートマタの暴走に遭遇する。そのオートマタを破壊した晴彦は、そのオートマタの所有者らしい少女に、どこか記憶が刺激されるが、思い出せず、その場を逃げ出す。しかしその直後、晴彦は意識を失ってしまう。
 目覚めた時、晴彦は知らない場所におり、唐突に自分は人間ではないと告げられる。
 彼は人造生命体マリオネットで、これからパートナーとなるマスターと出会うためのお披露目会に参加することになる、と告げられる。そこで晴彦は少女、真利阿と出会うが、その少女こそ、暴走したオートマタの持ち主で……。



※この長編は、スニーカー大賞 第十八回 春の選考で、最終選考で落選した作品になります。
24hポイント 0pt
小説 60,517 位 / 60,517件 ファンタジー 19,392 位 / 19,392件