悪役令嬢役なんてお断りします☆パグ犬精霊のお導き?思いっきり迷ってんじゃん!

気分転換に出かけた図書館で婚約者の彼が見知らぬ女の子を腕にまとわりつかせて歩いているのを見たキャーラ。
彼女は急いでバックからカメラを取り出した。
いっぱい集めて婚約破棄してやる…ぐふふふふ

魔法学園の入学式で新入生代表の挨拶をした婚約者はとても女子生徒に人気で、良く知らない女の子と噂になっていた。あまり関わりたくないキャーラは証拠写真だけを撮影するとその場を移動した。

いつもなら猛ダッシュする所をキャーラは慎重に早足で移動する。

今日は朝からついてない日なのだ。

朝イチにパンケーキ用の卵を籠ごと落としてしまった。

そして午後はいつも使う杖を新たな実験で粉砕してしまった。

二度あることは三度ある。
いやいや、まさかね…


でも、まさかその懸念が現実になるなんて…

『はいはい、はーい!』
その時急に声がした。
キョロキョロするが莉奈に話しかける様な素振りの人など側には居なくて首を傾げる。
(何だったんだろう?)

『予言の精霊☆僕ちゃんからの有り難ぁい、お言葉をしかと聞くがいい!』

嫌な予感しかし無いのはなんでだろ…
24hポイント 14pt
小説 22,277 位 / 124,648件 恋愛 9,131 位 / 37,170件