異世界でも、僕は脇役だった~神獣(猫)を相棒に、地味に生きていきます~

 もうすぐ三十路のフリーター、人生崖っぷちの僕に、突然訪れた一発逆転異世界チャンス!
 これで僕もチートで、無双で、ハーレムで、人生バラ色に!
 そう思えたのは、ほんの束の間で……。
 はぁ!? 間違えた!? ちょっと、何言ってるのか、わからないんですけどぉっ!
 女神から、見た目まるっきり猫の神獣――クロスケを押し付けられ、適当に異世界に放り出された僕。いったいこれから、どうすりゃいいの?
 どうせ、僕は脇役なんだ。地味に、ひっそりと生き抜いてやるぅっ!
 ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
 おっちょこちょいな女神に誤って召喚された挙句、クレームを付ける間もなく異世界の地上に落とされた、ちょっとネガティブ思考の主人公が、唯一のスキル魔術Bと、喋る猫クロスケだけを頼りに、生き延びることを目標に、地味に堅実に生きています。
24hポイント 14pt
小説 14,710 位 / 60,678件 ファンタジー 3,512 位 / 19,436件