夏が燻る(完)


 ーーー夏。
青春という時間がいつまで続くのかわからないまま、年齢だけは大人に片足を突っ込んだ。
 学生だった去年とは一味違うはずなのに、結局何も変わってない。
 アスファルトの上の陽炎も、干からびたミミズも、転がる蝉の抜け殻も、いつまで経っても変わらない、淡くて苦しい恋心も。


*カクヨムでも掲載しています
(同題異話という企画の為に作った短編小説です)
24hポイント 7pt
小説 33,950 位 / 140,007件 恋愛 15,592 位 / 43,246件