婚約者を譲れと言うなら譲ります。私が欲しいのはアナタの婚約者なので。

クラリンス侯爵家の長女・マリは、幼いころから王太子の婚約者と定められ、育てられてきた。
しかしそんなある日、とあるパーティーで、妹と王太子から婚約者の地位を妹に譲るように迫られる。
失意に打ちひしがれるかと思われたマリだったが――

「これで、愛おしい人の元へ行けるのね……」

これは、初恋を実らせようと奮闘する、とある令嬢の物語――。


※小説家になろうにも掲載を開始しました。
24hポイント 12,176pt
小説 195 位 / 84,314件 恋愛 108 位 / 22,456件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約者の浮気相手は私の親友でした

恋愛 / 完結 24h.ポイント:142640pt お気に入り:1700

追放しなくて結構ですよ。自ら出ていきますので。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:192673pt お気に入り:8762

英雄になった婚約者が心変わりしたので仕事に生きる事にしました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5048pt お気に入り:1931

単純に婚約破棄されました~でも王子殿下が救済してくれました~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1476pt お気に入り:184

婚約破棄するその日まで

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:123066pt お気に入り:2000

この婚姻は誰のため?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:32958pt お気に入り:3594