【完結】契約の花嫁だったはずなのに、無口な旦那様が逃がしてくれません


──愛されない契約の花嫁だったはずなのに、何かがおかしい。

家の借金返済を肩代わりして貰った代わりに
“お飾りの妻が必要だ”
という謎の要求を受ける事になったロンディネ子爵家の姉妹。
ワガママな妹、シルヴィが泣いて嫌がった為、必然的に自分が嫁ぐ事に決まってしまった姉のミルフィ。

そんなミルフィの嫁ぎ先は、
社交界でも声を聞いた人が殆どいないと言うくらい無口と噂されるロイター侯爵家の嫡男、アドルフォ様。

……お飾りの妻という存在らしいので、愛される事は無い。
更には、用済みになったらポイ捨てされてしまうに違いない!
そんな覚悟で嫁いだのに、
旦那様となったアドルフォ様は確かに無口だったけど───……


一方、ミルフィのものを何でも欲しがる妹のシルヴィは……

24hポイント 8,236pt
小説 262 位 / 140,740件 恋愛 124 位 / 43,675件