28 12
恋愛 連載中 短編
──愛されない契約の花嫁だったはずなのに、何かがおかしい。 家の借金返済を肩代わりして貰った代わりに “お飾りの妻が必要だ” という謎の要求を受ける事になったロンディネ子爵家の姉妹。 ワガママな妹、シルヴィが泣いて嫌がった為、必然的に自分が嫁ぐ事に決まってしまった姉のミルフィ。 そんなミルフィの嫁ぎ先は、 社交界でも声を聞いた人が殆どいないと言うくらい無口と噂されるロイター侯爵家の嫡男、アドルフォ様。 ……お飾りの妻という存在らしいので、愛される事は無い。 更には、用済みになったらポイ捨てされてしまうに違いない! そんな覚悟で嫁いだのに、 旦那様となったアドルフォ様は確かに無口だったけど───…… 一方、ミルフィのものを何でも欲しがる妹のシルヴィは……
24hポイント 116,746pt
小説 4 位 / 140,079件 恋愛 4 位 / 43,311件
文字数 82,280 最終更新日 2022.05.20 登録日 2022.05.05
恋愛 完結 短編
私のこの力は秘密にすべき力。 だから落ちこぼれのフリでもなんでもしてやり過ごそうと決めたのに─── 平民でありながら、何故か魔力量が多かったフィーリーは、 特別に魔術学院へ入学する事になる。 そこで、出会ったのは侯爵家の令息でもあり、未来の大魔術師となるべくして育って来たルシアン。 膨大な魔力量以外にも“規格外”の力を持っているフィーリーは、それを隠して“落ちこぼれ”として過ごしていたけれど、彼はそこに納得せずフィーリーを何かとライバル視して困らせて来るちょっと厄介な人だった。 そんな(平凡?)な学院生活を送っていたフィーリー達の元に、 ある日、希少な“光属性”の使い手である男爵令嬢が編入して来た。 光属性の使い手だろうと自分とは関係無い。私は地味に過ごすだけ。 そう思っていたフィーリーだったけれど、 しかし、そんな男爵令嬢の登場から、学院内では“婚約破棄”が流行し、王子を始めとした学院の生徒達の様子がおかしくなっていく…… そして、その魔の手は自分とルシアンにも──── ※ふんわりした魔法設定の世界です
24hポイント 2,705pt
小説 646 位 / 140,079件 恋愛 292 位 / 43,311件
文字数 71,188 最終更新日 2022.05.11 登録日 2022.04.25
恋愛 完結 短編
転生先は悪役令嬢でした。 ──ただし、ハッピーエンドを迎える悪役令嬢として! 伯爵令嬢、リュシエンヌは、王子の婚約者を決める夜会で有力候補を抑えて王子の婚約者となった。 金髪碧眼のThe王子様な彼の姿にずっと恋をしていたリュシエンヌは大喜び! しかし、その夜、屋敷で浮かれてすっ転んだ際に頭を打つ。 そうして思い出した記憶は、 この世界は前世で読んだ漫画の世界である事。 自分こそがその漫画の主人公で、婚約破棄を突きつけて来た王子と浮気相手のヒドインをざまぁしてハッピーエンドを迎える悪役令嬢だという事──…… 「ストーリー通りにいけば私は隣国の皇子に拾われてハッピーになるやつ!」 なのに、婚約者の王子が婚約破棄してくれない!? それどころか構ってくる? え? ヒドインは?? 隣国の皇子は──?? リュシエンヌは全力で物語に乗っかろうとしたのに、何故かストーリーは狂っていく……
24hポイント 3,748pt
小説 493 位 / 140,079件 恋愛 229 位 / 43,311件
文字数 84,561 最終更新日 2022.04.25 登録日 2022.04.10
恋愛 完結 長編
──“私”がいなくなれば、あなたには幸せが待っている……でも、このまま大人しく殺されるのはごめんです!! 男爵令嬢のソフィアは、ある日、この世界がかつての自分が愛読していた小説の世界である事を思い出した。 そんな今の自分はなんと物語の序盤で殺されてしまう脇役令嬢! そして、そんな自分の“死”が物語の主人公であるヒーローとヒロインを結び付けるきっかけとなるらしい。 どうして私が見ず知らずのヒーローとヒロインの為に殺されなくてはならないの? ヒーローとヒロインには悪いけど……この運命、変えさせて頂きます! しかし、物語通りに話が進もうとしていて困ったソフィアは、 物語のヒーローにあるお願いをする為に会いにいく事にしたけれど…… 2022.4.7 予定より長くなったので短編から長編に変更しました!(スミマセン) 《追記》たくさんの感想コメントありがとうございます! とても嬉しくて、全部楽しく笑いながら読んでいます。 ですが、実は今週は仕事がとても忙しくて(休みが……)その為、現在全く返信が出来ず……本当にすみません。 よければ、もう少しこのフニフニ話にお付き合い下さい。
24hポイント 2,570pt
小説 686 位 / 140,079件 恋愛 310 位 / 43,311件
文字数 129,379 最終更新日 2022.04.12 登録日 2022.03.18
恋愛 完結 短編
────この自慢の髪が凶器のようで怖いですって!? それなら、近付かないで下さいませ!! 幼い頃から自分は王太子妃になるとばかり信じて生きてきた 凶器のような縦ロールが特徴の侯爵令嬢のミュゼット。 (別名ドリル令嬢) しかし、婚約者に選ばれたのは昔からライバル視していた別の令嬢! 悔しさにその令嬢に絡んでみるも空振りばかり…… 何故か自分と同じ様に王太子妃の座を狙うピンク頭の男爵令嬢といがみ合う毎日を経て分かった事は、 王太子殿下は婚約者を溺愛していて、自分の入る余地はどこにも無いという事だけだった。 そして、ピンク頭が何やら処分を受けて目の前から去った後、 自分に残ったのは、凶器と称されるこの縦ロール頭だけ。 そんな傷心のドリル令嬢、ミュゼットの前に現れたのはなんと…… 留学生の隣国の王子様!? でも、何故か構ってくるこの王子、どうも自国に“ゆるふわ頭”の婚約者がいる様子……? 今度はドリル令嬢 VS ゆるふわ令嬢の戦いが勃発──!? ※そんなに~シリーズ(勝手に命名)の3作目になります。 リクエストがありました、 『そんなに好きならもっと早く言って下さい! 今更、遅いです! と口にした後、婚約者から逃げてみまして』 に出てきて縦ロールを振り回していたドリル令嬢、ミュゼットの話です。 2022.3.3 タグ追加
24hポイント 802pt
小説 1,919 位 / 140,079件 恋愛 960 位 / 43,311件
文字数 94,762 最終更新日 2022.03.20 登録日 2022.02.27
恋愛 完結 短編
──婚約者の王太子殿下に暴言?を吐いた後、彼から逃げ出す事にしたのですが。 公爵令嬢のリスティは、幼い頃からこの国の王子、ルフェルウス殿下の婚約者となるに違いない。 周囲にそう期待されて育って来た。 だけど、当のリスティは王族に関するとある不満からそんなのは嫌だ! と常々思っていた。 そんなある日、 殿下の婚約者候補となる令嬢達を集めたお茶会で初めてルフェルウス殿下と出会うリスティ。 決して良い出会いでは無かったのに、リスティはそのまま婚約者に選ばれてしまう── 婚約後、殿下から向けられる態度や行動の意味が分からず困惑する日々を送っていたリスティは、どうにか殿下と婚約破棄は出来ないかと模索するも、気づけば婚約して1年が経っていた。 しかし、ちょうどその頃に入学した学園で、ピンク色の髪の毛が特徴の男爵令嬢が現れた事で、 リスティの気持ちも運命も大きく変わる事に…… ※先日、完結した、 『そんなに嫌いなら婚約破棄して下さい! と口にした後、婚約者が記憶喪失になりまして』 に出て来た王太子殿下と、その婚約者のお話です。
24hポイント 1,164pt
小説 1,323 位 / 140,079件 恋愛 644 位 / 43,311件
文字数 98,494 最終更新日 2022.03.18 登録日 2022.01.16
双子の姉妹のうち、姉であるアリスティアは双子なのに妹ともあまり似ておらず、 かつ、家族の誰とも違う色を持つ事から、虐げられ世間からは隠されてひっそりと育って来た。 厄介払いをしたかったらしい両親により決められた婚約者も双子の妹、セレスティナに奪われてしまう…… そんなアリスティアは物心がついた時から、他の人には見えない者が見えていた。 それは“精霊”と呼ばれる者たち。 実は、精霊の気まぐれで“愛し子”となってしまっていたアリスティア。 しかし、実は本来“愛し子”となるべきだった人はこの国の王子様。 よって、王家と王子は“愛し子”を長年探し続けていた。 ……王家に迎える為に。 しかし、何故か王家はセレスティナを“愛し子”だと思い込んだようで…… そんなある日、街でちょっとワケありな様子の男性を助けた事から、 その男性と仲良くなり仲を深めていくアリスティア。 だけど、その人は──
24hポイント 1,881pt
小説 869 位 / 140,079件 恋愛 408 位 / 43,311件
文字数 168,970 最終更新日 2022.02.27 登録日 2022.01.30
恋愛 完結 短編
★転生したら悪役令嬢になったようですが、肝心のストーリーが分かりません!!★ の続編となります。 紆余曲折を経て、お互いの気持ちを確かめ合った悪役令嬢?のキャロラインと婚約者のシュナイダー殿下。 二人は変わらず仲睦まじく過ごしていた。 しかし、そんなある日…… 隣国で『真実の愛に目覚めた!』と、どこかで一度は聞いたようなセリフで、 自国の王子に婚約破棄され追放されてしまった“聖女”がやってくる事になり、キャロラインの心は揺れる。 相変わらず肝心のストーリーは分からないけれど、 この世界の本当のヒロインは“ピンク髪のあの女”ではなく……聖女だった!? やっぱり自分……キャロラインは“悪役令嬢”なのかもと再び思い込む──…… そして、そんなキャロラインの前に何故か聖女に婚約破棄したバカ王子まで現れ───!?
24hポイント 603pt
小説 2,540 位 / 140,079件 恋愛 1,275 位 / 43,311件
文字数 32,112 最終更新日 2022.01.23 登録日 2022.01.12
恋愛 完結 短編
──ある日、婚約者が記憶喪失になりました。 伯爵令嬢のアリーチェには、幼い頃からの想い人でもある婚約者のエドワードがいる。 幼馴染でもある彼は、ある日を境に無口で無愛想な人に変わってしまっていた。 素っ気無い態度を取られても一途にエドワードを想ってきたアリーチェだったけど、 ある日、つい心にも無い言葉……婚約破棄を口走ってしまう。 だけど、その事を謝る前にエドワードが事故にあってしまい、目を覚ました彼はこれまでの記憶を全て失っていた。 記憶を失ったエドワードは、まるで昔の彼に戻ったかのように優しく、 また婚約者のアリーチェを一途に愛してくれるようになったけど──…… そしてある日、一人の女性がエドワードを訪ねて来る。 ※婚約者をざまぁする話ではありません ※2022.1.1 “謎の女”が登場したのでタグ追加しました
24hポイント 1,102pt
小説 1,393 位 / 140,079件 恋愛 684 位 / 43,311件
文字数 81,528 最終更新日 2022.01.12 登録日 2021.12.29
恋愛 完結 短編
──たまたま落ちていた指輪を拾っただけなのに! かつて婚約破棄された過去やその後の縁談もことごとく上手くいかない事などから、 男運が無い伯爵令嬢のアイリーン。 痺れを切らした父親に自力で婚約者を見つけろと言われるも、なかなか上手くいかない日々を送っていた。 そんなある日、特殊な方法で嫡男の花嫁選びをするというアディルティス侯爵家のパーティーに参加したアイリーンは、そのパーティーで落ちていた指輪を拾う。 「見つけた! 僕の花嫁!」 「僕の運命の人はあなただ!」 ──その指輪こそがアディルティス侯爵家の嫡男、ヴィンセントの花嫁を選ぶ指輪だった。 こうして、落ちていた指輪を拾っただけなのに運命の人……花嫁に選ばれてしまったアイリーン。 すっかりアイリーンの生活は一変する。 しかし、運命は複雑。 ある日、アイリーンは自身の前世の記憶を思い出してしまう。 ここは小説の世界。自分は名も無きモブ。 そして、本来この指輪を拾いヴィンセントの“運命の人”になる相手…… 本当の花嫁となるべき小説の世界のヒロインが別にいる事を─── ※2021.12.18 小説のヒロインが出てきたのでタグ追加しました(念の為)
24hポイント 688pt
小説 2,228 位 / 140,079件 恋愛 1,109 位 / 43,311件
文字数 80,888 最終更新日 2021.12.29 登録日 2021.12.15
恋愛 完結 長編
私が最期に聞いた言葉、それは……「お前のような奴はまさに悪役令嬢だ!」でした。 第1王子、スチュアート殿下の婚約者として過ごしていた、 公爵令嬢のリーツェはある日、スチュアートから突然婚約破棄を告げられる。 その傍らには、最近スチュアートとの距離を縮めて彼と噂になっていた平民、ミリアンヌの姿が…… そして身に覚えのあるような無いような罪で投獄されたリーツェに待っていたのは、まさかの処刑処分で── そうして死んだはずのリーツェが目を覚ますと1年前に時が戻っていた! 理由は分からないけれど、やり直せるというのなら…… 同じ道を歩まず“悪役令嬢”と呼ばれる存在にならなければいい! そう決意し、過去の記憶を頼りに以前とは違う行動を取ろうとするリーツェ。 だけど、何故か過去と違う行動をする人が他にもいて─── あれ? 知らないわよ、こんなの……聞いてない!
24hポイント 1,050pt
小説 1,464 位 / 140,079件 恋愛 728 位 / 43,311件
文字数 125,933 最終更新日 2021.12.16 登録日 2021.11.15
恋愛 完結 長編
私はこれまで一度も会った事も無い異母姉、エリザベスの身代わり令嬢となり、殿下の婚約者となった──…… 唯一の肉親だった母親を亡くした平民のライザ。 そんな時、目の前に現れたのは父親を名乗る侯爵── どうやら、母は侯爵の愛人で私はその娘だったらしい。 今更そんな事を言われても……私はこのまま一人で平民のまま生きて行くので関係ない。 そう思ったのに、父と名乗った侯爵は私を無理やり引き取ると言う。 しかも、その目的は王太子殿下の婚約者に選ばれながらも つい最近、失踪してしまったという異母姉のフリをさせる事だった! そして、異母姉の身代わり令嬢として殿下の婚約者となったライザは、 初顔合わせではっきりとこれは政略結婚だと告げられる。 それもそのはずで、どうやら殿下には結ばれる事が叶わない想い人がいるらしい。 「なんと! 異母姉もその人の身代わりで婚約者に選ばれていたのね!」 ──つまり、ややこしいけど私は身代わりの身代わり! ならば、異母姉のフリをした私が殿下に愛されることはない───……はずだった。
24hポイント 1,072pt
小説 1,436 位 / 140,079件 恋愛 710 位 / 43,311件
文字数 110,317 最終更新日 2021.11.15 登録日 2021.10.24
恋愛 完結 短編
「お姉様の婚約者のアシュヴィン様は呪われているのよ。それで、その呪いを解けるのは彼と恋に落ちる私だけなの!」 ある日、妹のリオーナが突然そんな事を言い出した。 リオーナが言うには、この世界はリオーナが“ヒロイン”と呼ばれる世界。 その姉である私、ルファナは“悪役令嬢”と呼ばれる存在で、リオーナとアシュヴィン様の恋の邪魔者らしい。 そんな私はいずれ婚約破棄をされるのだと言う。 また、アシュヴィン様はとある呪い? にかかっているらしく、 その呪いを解けるのは“ヒロイン”のリオーナだけなのだとか。 ───呪い? ヒロイン? 悪役令嬢? リオーナの言っている事の半分以上は理解が出来なかったけれど、 自分がアシュヴィン様にいつか婚約破棄されるという点だけは妙に納得が出来てしまった。 なぜなら、ルファナと婚約者のアシュヴィンは──…… ※主人公は、転生者ではありません
24hポイント 596pt
小説 2,569 位 / 140,079件 恋愛 1,292 位 / 43,311件
文字数 79,404 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.10.07
恋愛 完結 長編
──私は、何故か触れた人の心の声が聞こえる。 見た目だけは可愛い姉と比べられて来た伯爵家の次女、セシリナは、 幼い頃に自分が素手で触れた人の心の声が聞こえる事に気付く。 心の声を聞きたくなくて、常に手袋を装着し、最小限の人としか付き合ってこなかったセシリナは、 いつしか“薄気味悪い令嬢”と世間では呼ばれるようになっていた。 そんなある日、セシリナは渋々参加していたお茶会で、 この国の王子様……悪い噂が絶えない第二王子エリオスと偶然出会い、 つい彼の心の声を聞いてしまう。 偶然聞いてしまったエリオスの噂とは違う心の声に戸惑いつつも、 その場はどうにかやり過ごしたはずだったのに…… 「うん。だからね、君に僕の恋人のフリをして欲しいんだよ」 なぜか後日、セシリナを訪ねて来たエリオスは、そんなとんでもないお願い事をして来た! 何やら色々と目的があるらしい王子様とそうして始まった仮の恋人関係だったけれど、 あれ? 何かがおかしい……
24hポイント 639pt
小説 2,394 位 / 140,079件 恋愛 1,199 位 / 43,311件
文字数 131,295 最終更新日 2021.10.07 登録日 2021.09.05
恋愛 完結 短編
子爵令嬢のフランシスカには、10歳の時から婚約している大好きな婚約者のマーカスがいる。 マーカスは公爵家の令息で、子爵令嬢の自分とは何もかも釣り合っていなかったけれど、 とある理由により結ばれた婚約だった。 それでもマーカスは優しい人で婚約者として仲良く過ごして来た。 だけど、最近のフランシスカは不安を抱えていた。 その原因はマーカスが会長を務める生徒会に新たに加わった、元平民の男爵令嬢。 彼女の存在がフランシスカの胸をざわつかせていた。 そんなある日、酷いめまいを起こし倒れたフランシスカ。 目覚めた時、自分の前世とこの世界の事を思い出す。 ──ここは乙女ゲームの世界で、大好きな婚約者は攻略対象者だった…… そして、それとは別にフランシスカは何故かこの時から、ゲームの設定にもあった、 運命で結ばれる男女の中で繋がっているという“赤い糸”が見えるようになっていた。 しかし、フランシスカとマーカスの赤い糸は……
24hポイント 660pt
小説 2,318 位 / 140,079件 恋愛 1,157 位 / 43,311件
文字数 75,351 最終更新日 2021.09.07 登録日 2021.08.19
恋愛 完結 短編
──今回も飽きちゃった。だからアンタに譲ってあげるわ、リラジエ。 伯爵令嬢のリラジエには、社交界の毒薔薇と呼ばれる姉、レラニアがいる。 自分とは違って美しい姉はいつも恋人を取っかえ引っ変えしている事からこう呼ばれていた。 そんな姉の楽しみは、自分の捨てた元恋人を妹のリラジエに紹介しては、 「妹さんは無理だな」と笑われバカにされる所を見て楽しむ、という最低なものだった。 そんな日々にウンザリするリラジエの元へ、 今日も姉の毒牙にかかり哀れにも捨てられたらしい姉の元恋人がやって来た。 しかし、今回の彼……ジークフリートは何故かリラジエに対して好意的な反応を見せた為、戸惑ってしまう。 これまでの姉の元恋人とは全く違う彼からの謎のアプローチで2人の距離はどんどん縮まっていくけれど、 身勝手な姉がそれを黙って見ているはずも無く……
24hポイント 695pt
小説 2,208 位 / 140,079件 恋愛 1,102 位 / 43,311件
文字数 89,231 最終更新日 2021.08.19 登録日 2021.07.29
恋愛 完結 短編
「クリスティーナ嬢、申し訳ないが今回の君との婚約の話は無かった事にさせて欲しい」 ──あぁ。また、ダメだったわ。 伯爵令嬢、クリスティーナは今日も婚約の打診を申し込んでいた男性にお断りされてしまっていた。 何とこれで3人目! 揃いも揃って口にするお断り理由が、 眼鏡、眼鏡、眼鏡…… ど近眼のクリスティーナには、この顔がよく分からなくなるほどの分厚い眼鏡が手放せないと言うのに。 これがダメなのだと言う。 そもそも最初の婚約者にも眼鏡が理由で逃げられた。 ──こんな眼鏡令嬢でも良いと言ってくれる人はいないかしら? 新たな婚約者探しに難航し、半ば諦めかけていた頃、 クリスティーナは、王宮主催の舞踏会に参加する。 当日、不慮の事故で眼鏡を壊してしまい、仕方なくボンヤリした視界で過ごした舞踏会の後、 何故かクリスティーナは第3王子、アーネスト殿下に呼び出され求婚されてしまい…… ──何で!? どうしてこうなったの!?
24hポイント 383pt
小説 3,877 位 / 140,079件 恋愛 1,948 位 / 43,311件
文字数 47,019 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.15
恋愛 完結 短編 R15
───私はかつてとっても大切で一生分とも思える恋をした。 その恋は、あの日……私のせいでボロボロに砕け壊れてしまったけれど。 だけど、あなたが私を憎みどんなに嫌っていても、それでも私はあなたの事が忘れられなかった── 公爵令嬢のエリーシャは、 この国の王太子、アラン殿下の婚約者となる未来の王太子妃の最有力候補と呼ばれていた。 エリーシャが婚約者候補の1人に選ばれてから、3年。 ようやく、ようやく殿下の婚約者……つまり未来の王太子妃が決定する時がやって来た。 (やっと、この日が……!) 待ちに待った発表の時! あの日から長かった。でも、これで私は……やっと解放される。 憎まれ嫌われてしまったけれど、 これからは“彼”への想いを胸に秘めてひっそりと生きて行こう。 …………そう思っていたのに。 とある“冤罪”を着せられたせいで、 ひっそりどころか再び“彼”との関わりが増えていく事に──
24hポイント 468pt
小説 3,201 位 / 140,079件 恋愛 1,619 位 / 43,311件
文字数 68,069 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.06.29
恋愛 完結 短編
──私の初めての恋人は、私を騙してた。 あなただけは違うと……信じていたのに── 「ゆくゆくはこのまま彼女と結婚して、彼女にはお飾りの妻になってもらうつもりだ」 その日、私は交際して間もない恋人の本音を聞いてしまった。 彼、ウォレスには私じゃない好きな人が別にいて、 最初から彼は私を騙していて、その平民の彼女と結ばれる為に私を利用しようとしていただけだった…… ──……両親と兄の影響で素敵な恋に憧れていた、 エリート養成校と呼ばれるシュテルン王立学校に通う伯爵令嬢のエマーソンは、 今年の首席卒業の座も、間違い無し! で、恋も勉強も順風満帆な学校生活を送っていた。 しかしある日、初めての恋人、ウォレスに騙されていた事を知ってしまう。 ──悔しい! 痛い目を見せてやりたい! 彼を見返して復讐してやるわ! そう心に誓って、復讐計画を練ろうとするエマーソン。 だけど、そんなエマーソンの前に現れたのは…… ※『私の好きな人には、忘れられない人がいる。』 『私は、顔も名前も知らない人に恋をした。』 “私の好きな人~”のカップルの娘であり、“顔も名前も~”のヒーローの妹、エマーソンのお話です。
24hポイント 908pt
小説 1,692 位 / 140,079件 恋愛 846 位 / 43,311件
文字数 51,774 最終更新日 2021.06.29 登録日 2021.06.16
恋愛 完結 短編
「僕は運命の人と出会ってしまったんだ!!もう彼女以外を愛する事なんて出来ない!!」 10年間、婚約していた婚約者にそう告げられたセラフィーネ。 彼は“運命の恋”に落ちたらしい。 ──あぁ、とうとう来たのね、この日が! ショックは無い。 だって、この世界は乙女ゲームの世界。そして、私の婚約者のマルクはその攻略対象者の1人なのだから。 記憶を取り戻した時からセラフィーネにはこうなる事は分かってた。 だけど、互いの家の祖父同士の遺言により結ばれていたこの婚約。 これでは遺言は果たせそうにない。 だけど、こればっかりはどうにも出来ない── そう思ってたのに。 「心配は無用。セラフィーネは僕と結婚すればいい。それで全ての問題は解決するんじゃないかな?」 そう言い出したのは、私を嫌ってるはずの元婚約者の兄、レグラス。 ──何を言ってるの!? そもそもあなたは私の事が嫌いなんでしょう? それに。 あなただって攻略対象(隠しキャラ)なのだから、これから“運命の恋”に落ちる事になるのに……
24hポイント 568pt
小説 2,680 位 / 140,079件 恋愛 1,348 位 / 43,311件
文字数 96,617 最終更新日 2021.06.19 登録日 2021.05.25
28 12