月の光に照らされた夜に。

 月の満ち欠けで変化がおきる身体を持つ伯爵令嬢、ライラ。

 その屋敷の執事、ライナス。


「こんな身体じゃ、誰もわたしを好きになってなんかくれないわ」
 人とはかけ離れたわたしなんて。



****

色々とツッコミどころはあると思いますが、詳しい話はさっくりと無視して書いていきます。
先のことを考えず勢いで書いておりますので、途中で訂正等をする場合があります。
24hポイント 0pt
小説 105,625 位 / 105,625件 恋愛 29,826 位 / 29,826件