たまき酒

主人公の宵宮環《よいみやたまき》は都会で暮らす小説家。

そんな彼女のマンションに、就職のために上京してきた妹の宵宮いのりが転がり込んできた。

いのりは言う。

「ねえ、お姉ちゃん。わたし、二十歳になったんだ。だからお酒のこと、たくさん教えて欲しいな」

これは姉妹の柔らかな日常と、彼女たちを取り巻く温かな人々との交流の日々を描いたお酒とグルメの物語。
24hポイント 0pt
小説 120,537 位 / 120,537件 大衆娯楽 4,286 位 / 4,286件