異世界に魔法少女は必要ですか?

俺、鈴城彩(すずしろ さい)は妹が招待特典を入手するために半強制的に大人気ソーシャルゲームである『異世界魔法少女』のキャラクターを作ることになった。

 なんだかんだ言いながらも、大好きなケモ耳と尻尾をつけることができご満悦だった俺だったが、最後に一つだけ付与される能力を受け取る際に何故か意識を失ってしまう。

 そして、目を覚ますと何故か自分が作ったアバターそっくりの魔法少女になってしまっていた!?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 高校生の妄想の固まりで拙い所が多々ありますが、暖かい目で読んでいただければ幸いです。

 毎日更新予定です。

 有志の方々から頂いた素敵な表紙、挿し絵を使わせて貰ってます!
24hポイント 0pt
小説 63,548 位 / 63,548件 ファンタジー 19,924 位 / 19,924件