理想の嫁は自分自身、転生した大賢者(?)の楽園建国記

瀬良 瑞樹(享年43歳)、年齢=彼女居ない暦の自他共に認められる大賢者であった。理想の嫁の姿を想像しながら帰宅する途中、暴走する車に気付くのが遅れ命を失ったのだ。

(次は女の子に生まれ変わって可愛い子達と仲良くなりたいな)

『その願い、この私が叶えてやろう』

瑞樹の魂を呼び止めたのは、とある世界の神の1人であるボッチ。こちらの世界が創造されてからの3億年いや4億年もの間、彼女神(ハニー)を作れなかった彼は他の神々から大賢神と呼ばれる様になっていた。

『私と非常に良く似た素質を持つ君に私自身の望みも託そう、新しい人生を存分に楽しむと良い、大賢者 瀬良 瑞樹よ!』

ボッチから様々なものを与えられた瑞樹は将来理想の嫁の姿となる事まで約束されていた。

「俺は女の子に生まれ変わって可愛い子達と仲良くなりたいとは望んだが、理想の嫁の姿に俺自身がなりたいとは一言も言ってないぞ。それと俺の事を絶対に大賢者と呼ぶんじゃねえ~!!」

中身大賢者(?)な少女の新たな物語が始まろうとしている。



意見や感想には出来るだけ答える様に致しますが答えられなかった場合はご了承下さい。

この作品は 小説家になろう ツギクル カクヨムでも投稿しております。
24hポイント 7pt
小説 16,112 位 / 63,594件 ファンタジー 4,073 位 / 19,937件