私は許されない ~彼を愛するように仕向けたのは夫、つまりあなたです~

幼馴染であるテオ・シャイトの妻ヘレナが心臓の病で亡くなった。

「サブリナ、彼には君の助けが必要だ。行ってやれ」 

夫のルドルフ・ディストラーはそう言って私を送り出した。
咽び泣く彼を抱きしめたとき、私たちの間にあったのは清らかな友愛だった。

「サブリナ、君は俺の妻だ」
「もちろん、わかっているわ」
「テオとはもう会うな」
「え?」
「知ってるぞ。君たちは以前から愛しあっていた」
「何を言っているの……?」
「試したんだよ。君は今も彼に夢中だ」
「違うわ!」
「じゃあ証明して見せろ。彼を殺せ。愛する妻のところへ送ってやれ」 

夫は私をテオと地下室に閉じ込めた。それが、許されない愛の始まりだった。

===================================
(完結済)
24hポイント 7pt
小説 26,652 位 / 124,503件 恋愛 11,288 位 / 37,123件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

私のことを追い出したいらしいので、お望み通り出て行って差し上げますわ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:41536pt お気に入り:4103

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:86392pt お気に入り:19452

婚約破棄のススメ ~悪役令嬢に侯爵様はもったいない!?~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:277

幸せな番が微笑みながら願うこと

恋愛 / 完結 24h.ポイント:868pt お気に入り:4491