執事が執事でなくなる日

最初は憧れだった。彼の姿を見るたび、声を聞くたびその想いは募っていく。募った想いは加速し欲情へと変化し、抑えきれずに自慰を促す。
自慰に耽る姿を見られてしまったが、それは彼に犯される形で想いは昇華した。
そんな愛しい彼は僕の執事。その彼が突然暇を申し出た。休みの日でも執事職を休まない彼の休暇の意味は…?
24hポイント 7pt
小説 23,130 位 / 95,689件 BL 4,168 位 / 9,397件