エースはまだ自分の限界を知らない

中学最後の試合、直史は強豪校を二安打に抑えながらも、味方の援護なく敗戦投手となった。
野球部には期待せずに選んだ、公立の進学校。だがそこで直史は、同じ中学出身でシニアに入っていた椎名美雪から、入学直後に野球部に誘われる。
全国区のシニアメンバーの大半が入部した野球部は、ごく普通の公立校ながら、春季大会で勝ち進んでいく。
偶然早めに見学に来たもう一人の小さなスラッガーと共に、直史は春の大会で背番号を貰って出場することになる。
速すぎるストレートも、曲がりすぎる変化球も、キャッチャーの能力不足で封印していた直史は、己の力を発揮する場所を得る。
これは研究する凡人と、天才や奇才が集まって、甲子園までは特に目指さないお話、かも。
24hポイント 213pt
小説 4,428 位 / 87,595件 キャラ文芸 62 位 / 2,063件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

王宮から追放された第一王子 〜義理の弟がいるなら平気でしょ?〜

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:14551pt お気に入り:1325

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:109248pt お気に入り:28430

契約獣が怖いと婚約破棄を受けるも、どうやら神獣のようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:128170pt お気に入り:6506

勇者パーティをクビになった忍者、忍ばずに生きます。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:163pt お気に入り:177

悪徳領主の息子に転生しました

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:5012pt お気に入り:2698

200万年後 軽トラで未来にやってきた勇者たち

SF / 連載中 24h.ポイント:873pt お気に入り:391