人形少女は夢を見る

付喪神達が暮らす古い町の一角にある茶屋で、鷹華(ようか)は仲良しの隼桐(はやぎり)と二人で働いている。

美しい町並み。
付喪神達のどんちゃん騒ぎ。
やりがいのある仕事。
いつもそばにいて助けてくれる友人。

失敗ばかりの鷹華を「人間らしい」と笑ってくれる人達がいる一方で、一人では何も出来ないくせに愛される鷹華を「何様だ」と嘲笑う人達もいる。

「ここでは『どれだけ愛されたか』が、そのまま『強さ』になるんだから。」
「隼桐。」
「なあに?」
「私も誰かに愛されていたのかな?」


鷹華はゆっくりと思い出していく。

自分が夢を見ているということを――
24hポイント 0pt
小説 36,000 位 / 36,000件 ファンタジー 13,119 位 / 13,119件