娼婦転生、──は?この私がさる公爵様の隠し子!?~転生から始まる娼館への身売り→人気No.1娼婦へ…私は成り上がりを期待していない~

「シャイナ、公爵様がお待ちだ──いつまでもこんなところに居ないでこの手を取って下さい」
「──えれ」
「………はい?」
「帰れ。欺瞞に塗れた蛆虫が!貴様にこの場所の何が分かる!?私が、私が…ここまで生きてこれた『居場所』を──貴様ごときが!!分かる訳ない、分かる訳ないんだ…ッッ!!!」
娼婦に…いや、最初は母子二人隠れるようにして辺境の村で暮らしていたんだ…けど。
母は流行り病で帰らぬ人となった──そこにきての数百年に一度…の頻度で起こる日照りによる、飢饉。
少女──“シャイナ”は口減らしと幾ばくかの食料と水と引き換えに…女衒の男に預けられた。
…この時、シャイナ6歳。
いやはや、人生何が起きるかわからないなーと孤児となったシャイナは思ったものだ。

…これはそんな娼婦と彼女をどうにか公爵(主)の元に連れていきたい従者の攻防の話。
24hポイント 7pt
小説 21,492 位 / 86,791件 恋愛 8,693 位 / 22,897件