攻略対象者やメインキャラクター達がモブの僕に構うせいでゲーム主人公(ユーザー)達から目の敵にされています。

───…ログインしました。

無機質な音声と共に目を開けると、未知なる世界… 否、何度も見たことがある乙女ゲームの世界にいた。

そもそも何故こうなったのか…。経緯は人工頭脳とそのテクノロジー技術を使った仮想現実アトラクション体感型MMORPGのV Rゲームを開発し、ユーザーに提供していたのだけど、ある日バグが起きる───。それも、ウィルスに侵されバグが起きた人工頭脳により、ゲームのユーザーが現実世界に戻れなくなった。否、人質となってしまい、会社の命運と彼らの解放を掛けてゲームを作りストーリーと設定、筋書きを熟知している僕が中からバグを見つけ対応することになったけど…

ゲームさながら主人公を楽しんでもらってるユーザーたちに変に見つかって騒がれるのも面倒だからと、ゲーム案内人を使って、モブの配役に着いたはずが・・・

『これはなかなか… 面白い方ですね。正直、悪魔が勇者とか神子とか聖女とかを狙うだなんてベタすぎてつまらないと思っていましたが、案外、貴方のほうが楽しめそうですね』

「は…!?いや、待って待って!!僕、モブだからッッそれ、主人公とかヒロインの役目!!」

本来、主人公や聖女、ヒロインを襲撃するはずの上級悪魔が… なぜに、モブの僕に構う!?そこは絡まないでくださいっっ!!

『……また、お一人なんですか?』

なぜ、人間族を毛嫌いしているエルフ族の先代魔王様と会うんですかね…!?

『ハァ、子供が… 無茶をしないでください』

なぜ、隠しキャラのあなたが目の前にいるんですか!!!っていうか、こう見えて既に成人してるんですがッ!


「…ちょっと待って!!なんか、おかしい!主人公たちはあっっち!!!僕、モブなんで…!!」

ただでさえ、コミュ症で人と関わりたくないのに、バグを見つけてサクッと直す否、倒したら終わりだと思ってたのに… 自分でも気づかないうちにメインキャラクターたちに囲われ、ユーザー否、主人公たちからは睨まれ…

「僕、モブなんだけど」

ん゙ん゙ッ!?……あれ?もしかして、バレてる!?待って待って!!!ちょっ、と…待ってッ!?僕、モブ!!主人公あっち!!!


───だけど、これはまだ… ほんの序の口に過ぎなかった。
24hポイント 78pt
小説 9,513 位 / 125,401件 BL 1,891 位 / 13,596件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

飛竜誤誕顛末記

BL / 連載中 24h.ポイント:17544pt お気に入り:1386

腐男子な俺が全寮制男子校で女神様と呼ばれている件について

BL / 連載中 24h.ポイント:518pt お気に入り:845

気づいたら、異世界トリップして周りから訳アリ幼女と勘違いされて愛されています

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:93110pt お気に入り:4622

異世界転生したら養子に出されていたので好きに生きたいと思います

BL / 連載中 24h.ポイント:28538pt お気に入り:2824