夕映え~武田勝頼の妻~

天正十年(1582年)。
甲斐の国、天目山。

織田・徳川連合軍による甲州征伐によって新府を追われた武田勝頼は、起死回生をはかってわずかな家臣とともに岩殿城を目指していた。
そのかたわらには、五年前に相模の北条家から嫁いできた継室、十九歳の佐奈姫の姿があった。


武田勝頼公と、18歳年下の正室、北条夫人の最期の数日を描いたお話です。
コバルトの短編小説大賞「もう一歩」の作品です。

24hポイント 0pt
小説 60,816 位 / 60,816件 歴史・時代 760 位 / 760件