捨てられた悪しき令息は、花嫁となり邪神様にその身を捧ぐ。

俺はある男の元へ、花嫁としてその身を捧げる。
その男は邪神と言われ、恐れられる存在だった。
「何が花嫁だ、俺はただの供物と同じじゃないか……。」
未来に失望し心を閉ざす俺と、そんな俺に愛を注ぐ邪神の男。
男の一途な愛は、冷え切った俺の心に変化をもたらし──?

【本編6話+番外編5話で完結です。番外編③は元婚約者との描写がありますので、ご注意下さい。】
24hポイント 106pt
小説 10,581 位 / 148,901件 BL 2,284 位 / 17,135件