シングルマザーと心優しき隣人

池田松男は裕福でない専業農家に生まれ小さい頃から朝と晩の
新聞配達のアルバイトをして小遣いにしていた。それでも、
めげずに勉強をして中央大学商学部の夜間部に入学して卒業した。

 小さい時から愛想が良く、人なつっこい性格のため友人も多く
、その性格を利用して保険会社の営業部に就職して営業活動を始めた。

入社3年目にして多摩営業所での契約件数トップになり新しい顧客の輪が広がって
いき接待を通じて相手の懐に入り世田谷営業所の所長まで出世したが2000年の
不況でリストラの嵐が吹き部下を退職させられす自分が早期退職して飯能の小さな
アパートに移った。

その後、近くに幼い兄弟が引っ越して来て、松男の人なつっこい笑顔と
優しさにひかれ、母が帰る夜8時まで松男に家に来て、おやつや夕飯を
食べるようになり、幼い娘がお母さんと結婚してと突然、言われた。
後は、読んでのお楽しみ・・・

24hポイント 71pt
小説 7,108 位 / 53,939件 経済・企業 36 位 / 146件