秒速恋愛~占いが正しかったと知ってももう遅い~

「お嬢さん!占いに興味はないかね?」

「いえ、別に」

占いなんて一度も信じたことがなかった。

「まあまあ今お試し無料だからやっておくれよ。わし、外したことないからのぉ」

だからさっさと帰りたかったが、妙な自信を持つおじいさんになんだか惹かれた。

その内容はあまりに具体的で、ありえないこと。やっぱり占いなんて馬鹿馬鹿しいと思ったその瞬間………




怒涛のスピードラブ!あなたはこの出来事についていけるか?
24hポイント 14pt
小説 23,153 位 / 124,820件 恋愛 9,612 位 / 35,642件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!