僕よ、盛大に吃れ。

目に見える障害と目に見えない障害がある。

僕は目に見えない吃音という障害を持っている。吃音はかつて、どもりと言われていたが、近年では差別用語になり一般的には吃音という名称を用いられている。

吃音に悩み・自分を恨み・人生の意味や希望すら持てなかった少年時代、吃音とともに生きていくことを決めた青年前期を乗り越えた、22歳の僕が歩んだ軌跡。
24hポイント 0pt
小説 53,680 位 / 53,680件 現代文学 2,214 位 / 2,214件