狐火の市〜ぼくとばぁちゃんのちょい怖ぁて不思議な夏の夜の話〜

 お山に狐火が三つ灯ったら、それが市の立つ合図です。

 作法は三つ。面をかぶって素顔を晒さないこと。提灯を持って歩いてゆくこと。そして、決して声を出さないこと。

 守らなかったらどうなるかって?

 行き着くことが出来ないか? 帰ることが出来ないか?

 それとも……。



☆10分で読める、夏の夜にぴったりの短編です。

☆京都弁は『恋する方言変換』というサイトを参考にさせて頂きました。ネイティブの方の助言大歓迎です。

☆『小説家になろう』にも、同じものを投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 60,872 位 / 60,872件 ライト文芸 2,421 位 / 2,421件