異世界? ドリルがあれば余裕でしょ

 俺、進藤彼方(しんどうかなた)は勇者召喚に巻き込まれて異世界転生してしまった。そして俺は異世界転移する前に神様と話をしたんだ。

「巻き込まれて可哀想だからお役立ちスキル一式、あと好きなスキルを一個あげるよー」

 そういって見せられたスキルの中に、俺はピンときたスキルがあったんだ。

「……じゃあこれで」

「変わったスキルを選ぶねー。それでいいの?」

「はい」

「オッケー、じゃあ行ってらっしゃーい。あ、召喚される国はあまりいい国じゃないからスキルを隠した方がいいよー」

 ちょっ! そういうのは先に言ってーー

「ふう、無事送れたな。それにしても数あるスキルの中で螺旋の理(らせんのことわり)を選ぶとはねー。何か琴線に触れたのかな? 目がキラキラしてたし」

 これは勇者召喚に巻き込まれて異世界に来てしまった俺が、ドリルを使って自分の志を貫く話である。
24hポイント 0pt
小説 120,084 位 / 120,084件 ファンタジー 31,362 位 / 31,362件