現代文学 SEX小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ SEX×
4
1
現代文学 連載中 ショートショート
彼氏とのSEXで起きる出来事 もう既に、何百回もSEX・嵌めてるのに あんなビデオみたくピンクなわけないじゃん。 ビデオの子の方が、初心ですよ。
24hポイント 995pt
小説 1,746 位 / 128,659件 現代文学 8 位 / 5,454件
文字数 342 最終更新日 2022.01.28 登録日 2022.01.28
2
現代文学 連載中 短編 R18
 小曲絵美は、夫·隆と相談し、息子·雅弘の幼稚園入園の為に住んでいたマンションを引き払い、義父と同居することとなった。  これまで年に数回しか来なかった義実家ではあるが、空いている部屋を自由に使ってもいいと銀二が言い、絵美はその内の一部屋を趣味の部屋に貰い受けた。  元々仕事人間だった隆は、同居をしてからというもの更に帰宅が遅くなったが、休日は家族と過ごす事が多くなった。そんなある日、隆は仕事で北海道へと出張に行った夜···。絵美は、酒に酔った銀二に襲われた。隣には、雅弘が眠っていたのに···。  ショックが抜けない絵美。でも、夫には言えず悩んでいた。 「お願い···。やめて···お義父さん···」  隆が、出張で居ない何度目かの夜、絵美は雅弘の前で···。
24hポイント 85pt
小説 10,004 位 / 128,659件 現代文学 117 位 / 5,454件
文字数 23,552 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.12
3
現代文学 連載中 短編 R18
「ねぇ、先生?私人を殺しました。どうしたらいい?」それは、教師をしてる小早川にある生徒からきた電話が始まりだった。  小島遥香は、会社員をしている父·欣二とふたり暮らし。母親が亡くなり、1年が過ぎたある日。友達と遊んていて帰りが遅くなった遥香は、父親にぶたれてしまう。  泣きながら謝り続け、その場は収まったかに思えたが、以来遥香は、約束をきちんと守っているのにもかかわらず、欣二から腕や腹をつねられたり、どつかれるようになった。  夏になり、学校も夏休みに入ろうとした日の深夜、身体の上に酒臭い息を吐きながら欣二が乗っているのに気付いた遥香は、暴れ叫ぶが···
24hポイント 35pt
小説 16,578 位 / 128,659件 現代文学 287 位 / 5,454件
文字数 7,161 最終更新日 2019.07.28 登録日 2019.07.27
4
現代文学 連載中 短編 R18
 沙織は、毎日あることで悩んでいた。最初は、子供が親に抱きついたり、親も子供に抱きついたりするのは、普通の事だとも思っていた。  高学年になり、学校の保健の授業で習ったある事、そして、友達から聞いたある事は、普通の父親なら絶対にしないと思う事をほぼ毎日のようにされ続けていた。  思い余って、母親に相談するも、母親は汚らわしい目で沙織を見た上に、ある日父親と離婚してしまう。 「あー、これでやっと堂々と出来るな」と父親は、沙織に言うが、沙織は沙織で年の離れた妹に、父親との事を知られたくなく、その事で父親からも脅され続ける。  妹を連れ、家出を試みるが、何も知らない妹は、何故家に帰れないのか?泣き始め、とうとう、沙織らは交番で保護され、父親が呼びにくる。 ─誰も知らない。知らない筈だった。  あれから、二十年。ロボットのような上司と影で呼ばれ続ける沙織。そんな沙織の前にある男が現れた。
24hポイント 21pt
小説 21,033 位 / 128,659件 現代文学 300 位 / 5,454件
文字数 5,662 最終更新日 2021.08.06 登録日 2021.08.06
4