現代文学 人妻小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 人妻×
4
内容は題名の通りです。
24hポイント 248pt
小説 3,167 位 / 57,514件 現代文学 40 位 / 2,439件
文字数 3,647 最終更新日 2019.01.28 登録日 2019.01.28
2
現代文学 連載中 長編 R18
 渋川那未(しぶかわ なみ)は結婚3年目の夫・芳春(よしはる)との間に1年以上続くセックスレスという性の悩みを抱えていた。原因は昇進により夫の仕事が忙しくなったことによる擦れ違いと体力的な問題だった。  そのことを友人である公香(きみか)に相談したところ、前にお揃いで買ったエッチな下着で押し倒せと焚きつけられる。 「子供を作ること自体は夫婦で合意してるんでしょ。だったら必要なのは旦那の意思より子種。ぶっちゃけ旦那の意識あろうがなかろうが、ヤレばできるのは一緒なんだから」  強引にでも搾り取ってしまえという公香のアドバイスには頷けない那未だったが、何らかのアクションを起こさなければ事態に進展がないことは分かりきっている。今晩は勝負下着で夫を待つと決めたが、そこへ同棲していた彼女に振られたと義弟の聡志が転がり込んでくる。  聡志のため客間に蒲団の準備をしていた那未は彼に組み伏せられ、知らなかった夫の秘密を暴露された。 「本来なら満足させてやらなきゃいけない新妻に、三十そこらで勃たたなくなったとは言えないでしょ。僕EDだから夫の務めは果たせませんって言わせたいんですか。亭主の面目丸つぶれですよ」  久しぶりに他人の手で愛撫されながら那未は二択を迫られる。  このまま拒否して力尽くで抱き潰されるか、受け入れて一緒に愉しむか。  那未は芳春に申し訳なさを感じながらも、どのみち抱かれることは動かしがたいならと聡志を受け入れてしまう。  しかし、これらは全て芳春と聡志が共同で仕組んだ寝取らせゲームだった。仕事のストレスから勃起しなくなった芳春だったが、手当たり次第にAVや成年漫画を試すうち、寝取られものでだけ微かだが反応することを突き止める。  他人の演技や創作物でこれなら、愛する妻が寝取られれば再び勃つのではないか。  ノクターンノベルズでも公開しています。
24hポイント 142pt
小説 4,419 位 / 57,514件 現代文学 63 位 / 2,439件
文字数 22,143 最終更新日 2019.09.15 登録日 2019.09.12
内容は題名の通りです。
24hポイント 49pt
小説 7,873 位 / 57,514件 現代文学 104 位 / 2,439件
文字数 2,810 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.12.01
4
現代文学 連載中 長編 R18
女の愛は一途。 そんな時代ではなくなった。 女性の社会進出は即ち、女性の自立を醸成し、妻=家政婦代わりではないのです。 妻の変化に気付かない夫が事の重大さを把握する時ーー 妻のそれは離婚願望へと変わっていた。 現代社会を生きる、或る夫婦の関わりと、働く女性の周りで起きた事件の意外な展開を描いた長編サスペンスです。
24hポイント 14pt
小説 14,032 位 / 57,514件 現代文学 317 位 / 2,439件
文字数 31,351 最終更新日 2019.08.08 登録日 2017.05.12
4