捕物小説一覧

タグ 捕物×
3
「蕎麦しかできやせんが、よございますか?」 お江戸永代橋の袂。 草木も眠り、屋の棟も三寸下がろうかという刻限に夜な夜な店を出す屋台の蕎麦屋が一つ。 「仕合せ屋」なんぞという、どうにも優しい名の付いたその蕎麦屋には一人の親父と看板娘が働いていた。 ある寒い夜の事。 そばの香りに誘われて、ふらりと訪れた侍が一人。 お江戸の冷たい夜気とともに厄介ごとを持ち込んできた。 冷たい風の吹き荒れるその厄介ごとに蕎麦屋の親子とその侍で立ち向かう。
24hポイント 553pt
小説 2,391 位 / 112,466件 歴史・時代 13 位 / 1,404件
文字数 113,318 最終更新日 2021.04.29 登録日 2021.04.23
 長崎で蘭方を学んだ眼医者、田崎右近。   江戸では眼科よりも眼鏡を作る眼鏡師の方が儲かると知った右近は、その腕を活かすために眼鏡師の看板を掲げる。  大金を要する眼鏡は市井には回らず、彼の客は江戸の有力商人から大名といった感じだ。  そして、そこには御家人の恋愛から大藩の御家騒動まで関わってくる。  彼の元には、いつも珍事が絶えなかった。  歴史・時代小説ではありません。  テレビなどの時代劇を意識した、時代劇小説です。  史実・考証的におかしな点も多数でます。  あくまで時代劇ファンタジーとしてお読みください。
24hポイント 0pt
小説 112,466 位 / 112,466件 歴史・時代 1,404 位 / 1,404件
文字数 6,959 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.05.29
     浅草一体を取り仕切る目明かし大親分、藤五郎。  町内の民草はもちろん、十手持ちの役人ですら道を開けて頭をさげようかという男だ。    そんな男の二つ名は、鈍牛。    これは、鈍く光る角をたたえた、眼光鋭き牛の物語である。
24hポイント 0pt
小説 112,466 位 / 112,466件 歴史・時代 1,404 位 / 1,404件
文字数 13,010 最終更新日 2021.04.24 登録日 2021.04.24
3