最強戦士小説一覧

タグ 最強戦士×
2
この物語の舞台は16世紀末から17世紀初頭の中国です。この頃、中国東北部の後に満州といわれることになる土地では、女真族(後の満州族)といわれる人達が、幾つもの小部族に分かれ、ちょうど同時代の我が国の戦国時代のように、互いに争っていました。本編の主人公である愛親覚羅ヌルハチという人物は、その中でも弱小部族に生まれながら、幾つもの戦いに勝利し、ついに名実ともに天下人となり、大汗(中国でいえば皇帝の位に匹敵する)という至高の位を手にします。  その頃中国を支配していた明王朝(日本でいえば室町初期から江戸初期まで中国を支配)は、すでに衰退期にさしかかり、特に我が国の豊臣秀吉の朝鮮出兵により、甚大な人的、物的損害をだし、国威は傾くばかりでした。当然、東北でのヌルハチの勢力拡大は面白いはずもなく、両勢力はやがて衝突する宿命でした。  両者の戦いは最終的にはヌルハチの女真族が勝利し、やがて明にかわって清がおこるわけですが、本編ではそのターニングポイントとなったサルフの合戦といわれる戦いと、明側の最後の抵抗となった寧遠城での、元文人にして「今孔明」といわれた袁崇煥との死闘にふれてみたいと思います。今回の小説は短編ではありますがよろしくお願いします。
24hポイント 42pt
小説 13,736 位 / 112,578件 歴史・時代 144 位 / 1,406件
文字数 36,603 最終更新日 2020.03.26 登録日 2018.04.26
2
恋愛 連載中 短編 R15
「そのように病弱なそなたとは、子をなすことも家庭を築くことも叶わないだろう。よってこの婚約は無かったこととする」 幼い頃から第二王子の婚約者として教育されてきた私は、女としての価値を貶める言葉とともに、一方的に婚約破棄された。 大衆の面前であるデビュタントの舞踏会、羨望の的となっていた晴れやかな舞台での出来事だった。 第二王子と寄り添って踊るのは彼の幼馴染の令嬢で、どん底に落とされた私を勝ち誇った目で見ていた。 結婚する価値の無い女と罵られた私は、それが戯言とはいえ評判は堕ち、もう二度と春を見ることはないだろう。 ならば。 私、前世では『白い災い』と異名を持つ狂戦士だったのです。 私の通った後には廃墟しか残らないと言われた程の、無敵で最強の騎士だった。 私の華奢な肢体に収まらない前世での荒ぶった感情が込み上げてくる。 だから疲れてぶっ倒れてしまうんですけどね。 おや、婚約破棄されてから、何故だか私の支援者が増えました。 ガルガンの力を抑え込む必要もなくなりました。 これからは騎士として生きるのです! 復讐? そんな事いたしましたっけ? 使い慣れないガルガンの力が暴走しただけですよ? 完結しました。 手直ししたら完結タグつけます。 ありがとうございました!
24hポイント 35pt
小説 15,380 位 / 112,578件 恋愛 6,603 位 / 32,379件
文字数 92,652 最終更新日 2021.05.17 登録日 2021.04.24
2