蒸気機関小説一覧

タグ 蒸気機関×
2
最強?最凶?いいえ、猪突猛進な傍迷惑魔導士です(被害者の言葉より抜粋) 今日も街の一部が破壊された。きっと彼女の仕業だろう(胃痛で苦しむ刑事の日記より抜粋) 蒸気機関の技術が発展したクイーンズ・エイジ1881。魔法と蒸気が渦巻くアイリッシュ連合王国の首都ロンダニア。 そこを拠点に活動する人助けギルド【流星の旗】があった。 このギルドに所属する紫魔導士のユーナ・ヴィオレッドは、外見十六歳の中身百歳超え。それでいて美学に従い、怒りに身を任せる短気な性格。癇癪持ちのババアと呼ばれたならば、容赦なし。 彼女の長所とも言うべきか、悪癖か。趣味が『人助け』である。 墓場の横で倒れていた少年さえ勝手に助けようとする始末。 それこそ『人間』や『化け物』かなど関係なし。 結果として何故か街の破壊に繋がっていく。 コチカネット警察の外勤主任でもあり、ギルドリーダーのコージは、 「まあ世界の終わりよりはマシかもしれないな」 と、苦笑いを零しては警察署で始末書を処理する日々。 さらにギルドメンバーも曲者揃いばかり。 美女のハトリと双子の弟であるチドリ、ドジっ娘メイドのナギサに犬耳執事のヤシロ。そして悪戯大好き皮肉屋のアルトまで囃し立てたり、苦労を押しつけられたりの毎日。 さらには探偵を始めとし、商人や小説家まで関わってくるギルドに、今日も厄介事が迷い込んでくる。 優雅に紅茶を飲みながら、ユーナはゆっくり告げる。 「わたくし別に大義や正義で動きたい人間じゃないですの。簡単に言えば美学に従う、それが紫魔導士ユーナという人間ですわ」 ――背後の破壊跡さえなければ立派なのにな、というのは禁句である。 なろうでも掲載中→ https://ncode.syosetu.com/n0781db/ カクヨムでも掲載中→https://kakuyomu.jp/works/1177354054885803826
24hポイント 0pt
小説 140,428 位 / 140,428件 ファンタジー 34,301 位 / 34,301件
文字数 1,364,668 最終更新日 2022.04.21 登録日 2022.01.08
蒸気仕掛けの自動人形が闊歩するアルスター王国の首都ルドウィック、機械工学院の留学生としてこの国を訪れていた高科亮介は、初投稿初日に少年少女と出会う。 褐色の肌を持つ二人は列強の植民地と化しつつある藩王国の王族シュリーと貴族のアンシュ、学友として同じ学校に通いながら、仲良くなってゆく三人。そして、その家の使用人として雇われていた片腕が義手の退役軍人メイソン。 食事と報酬でつられて始めたお使いのバイトだったが、シュリーが純白の自動人形「シルヴィ」を手に入れたのをきっかけに、亮介達は吸血鬼から命を狙われることとなる。 なぜ、吸血鬼は彼らを襲うのか? 様々な思惑が交差する中、亮介と取り憑いた狐の嫁「茜」の冒険が始まる。 蒸気と解析機関が支配する世界を駆け巡る、スチームパンクファンタジー開幕
24hポイント 0pt
小説 140,428 位 / 140,428件 ファンタジー 34,301 位 / 34,301件
文字数 2,577 最終更新日 2020.09.03 登録日 2020.09.03
2