サナトリウム小説一覧

タグ サナトリウム×
2
「来たわ!」           こちらを向いて明るく放ったその彼女のひと言は、まるで恋の女神様からのお告げの様にも聞こえた。 結核で入院した先のサナトリウムで、初めての恋に落ちた主人公の甲斐ちひろ。   女神のように近寄りがたい、手の届かきそうもない初恋の人と、気になる存在の後輩の間で、行き場のない17歳の性エネルギーを持て余して日々悶々とする、甘酸っぱくも微エロなライト文芸です。
24hポイント 28pt
小説 9,989 位 / 51,112件 ライト文芸 270 位 / 2,187件
文字数 81,944 最終更新日 2019.06.08 登録日 2019.04.15
最期の日に、私は笑うことができたから。        (2002.7.12. 22:27-23:17)
24hポイント 0pt
小説 51,112 位 / 51,112件 現代文学 2,070 位 / 2,070件
文字数 894 最終更新日 2018.10.20 登録日 2018.10.20
2