犬耳少女小説一覧

タグ 犬耳少女×
2
 呪われてしまいました。  おかげで、魔法、使えなくなってしまいました。  僕、魔法使いなのに・・・・。  もう、わけがわかりません。  とほほ。  「ファディ、お前には今日限りでパーティを抜けてもらう。足手まといだからな・・・・。」  パーティからも追い出されました。  ようやく、運よく、勇者のいるパーティに加わることができたばかりだというのに。  もう、ほんと、どうしたらいいのかわかりません。  とほほほ。  呪いを解いてもらおうとしたけれど、呪いの力が強すぎて、無理だと言われました。  転職も考えたけど、呪われている状態で転職はできないらしいです。  とほほほほ。  魔法の使えない魔法使いなんて、ただのお荷物です。  呪われた装備【呪いの紡錘】は、最強の武器?と思ったりもしましたが、そんなこともなく、弱っちい魔物と戦って、死亡しそうにもなりました。  クエストで訪れた廃城で、瀕死の僕を魔物から助けてくれた仔犬は、呪いで姿を変えられたお姫様。   『助けて! 私の呪いを解いて!』  とお願いされてしまいました。  呪いを解いてほしいのは、僕の方なのに・・・・。  とほほほほほ。  魔法は使えない。  攻撃力もありゃしない。  頼りは、呪いの効果で得られたスキル【Sleeping Beauty Curse】のみ。  だけど、この呪いのスキルの効果がヤバかった。 この作品は、「カクヨム」「小説家になろう」「ノベリズム」にも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 30,368 位 / 120,274件 ファンタジー 6,310 位 / 31,386件
文字数 10,210 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.30
かつて剣と魔法が支配していた世界、『エボールグ』の『チハーキュ帝国』。 168年前に発見されたという“鉄船遺跡”から得られた遺産による科学技術によって建国された帝国である。 住人の頭の上には犬の耳が乗っていた。 ある日、チハーキュ帝国海軍の訓練艦隊は謎の電波障害に陥る。 そんな中でも、戦時でもあるまいにとのんびり過ごす者もいたが──── その訓練艦隊は「青い丸に白い星」という「見たこともない国籍マーク」を付けた 急降下爆撃機の編隊に、突如として攻撃を受けたのだった────
24hポイント 0pt
小説 120,274 位 / 120,274件 ファンタジー 31,386 位 / 31,386件
文字数 12,902 最終更新日 2020.05.22 登録日 2020.05.19
2