六本木小説一覧

タグ 六本木×
3
十九歳の小野田理沙と二十五歳の友田圭太、切ない片思いを描いた物語。 東京生まれ、東京育ちの理沙は、どこか垢抜けない女の子である。 そんな理沙が、時給の良さと華やかなイメージだけで六本木の飲食店でバイトをする。 バイト先の飲食店「フォックス」には、面倒見の良い先輩、加奈子をはじめ、たくさんの仲間と出会う。 その中の一人が圭太だ。 圭太は、理沙とは、対照的にクールな見た目と物静かな男だった。 最初は、話しかけにくいオーラを放っていた圭太だが、次第に二人は、仲良くなって行き、圭太から「一番、大切な仲間」と言われる関係にまで発展した。 バブル全盛期の六本木。 今では、老若男女が所持しているスマホだが、 バブル全盛期で携帯電話を持っている人間は、ほとんどがビジネスマン。 もし、理沙と圭太の出会った1980年代に、 今のようにスマホを誰もが持っていたらなら・・・ きっと、二人の恋は違う展開になっていただろう。 理沙と圭太が出会って何気ない出来事が思い出に変わる。 「一番、大切な仲間」だからこそ、近すぎて言えないことがある。 相手との最高な関係を維持したいからこそ、隠したい本音があった。 理沙は、自分の気持ちを隠し、時に演技をしながら、友達関係を続けた。 やがて、二人の関係は、終わりを迎える日が突然訪れた。 圭太が実家である、青森に帰ることになった。 東京と青森。 二度と会うことはないだろう。 理沙は、圭太に気持ちを伝えることができないままで別れることを選んだ。 時は過ぎ、 二人は再会することになる。 遠回りしてきた理沙の片思い 片思いは、片思いのまま終わるのか、 それとも、この恋は成就するのだろうか。 もし、携帯電話、スマホがない時代に恋をしたなら・・・ 便利な時代だからこそ、もう一度、想像してほしいと思う恋愛小説。
24hポイント 7pt
小説 25,367 位 / 101,088件 恋愛 10,243 位 / 27,676件
文字数 42,525 最終更新日 2021.01.14 登録日 2021.01.14
学校へ行けない男子高校生が、大人の男に恋をする。
24hポイント 0pt
小説 101,088 位 / 101,088件 現代文学 5,269 位 / 5,269件
文字数 6,308 最終更新日 2020.01.18 登録日 2020.01.18
3
現代文学 完結 ショートショート
短歌。
24hポイント 0pt
小説 101,088 位 / 101,088件 現代文学 5,269 位 / 5,269件
文字数 24 最終更新日 2019.08.19 登録日 2019.08.19
3