大友宗麟小説一覧

タグ 大友宗麟×
2
GMJ
時は戦国時代末期。 九州の東に位置する豊後の国では、西洋と東洋の入り混じる新しい文化がはなひらいていた。 しかし、西洋の文化を取り入れることで、また邪な意志も豊後の国に入り込もうもとしていた。 西洋からの邪悪な意志に立ち向かうため、二人の騎士が立ち上がる。
24hポイント 0pt
小説 80,305 位 / 80,305件 歴史・時代 1,096 位 / 1,096件
文字数 32,786 最終更新日 2020.07.30 登録日 2020.05.31
戸次道雪。その娘、立花誾(ギン)千代。 高橋紹運。その子、高橋彌七郎統虎……後の立花宗茂。 そして彼らを支えし安東、由布、十時、小野、薦野、米多比たち家臣団。 この物語は、激動の戦国時代で誰もが自身の利益と保身に走り、多大の恩がある主君をも見限り裏切ってしまえる下克上がまかり通る乱世に在りて、己の『義』を貫き通し、受け継いできた者たちの、義なる物語である。
24hポイント 0pt
小説 80,305 位 / 80,305件 歴史・時代 1,096 位 / 1,096件
文字数 66,279 最終更新日 2020.06.01 登録日 2016.07.28
2