合理的ご都合主義小説一覧

タグ 合理的ご都合主義×
1
昔、ある二人の大魔法使いの元に一人の男の子が生まれました。 男の子は幼い頃から理解力があり手がかからないどころか、むしろ場の空気を読んで行動しているかのような賢い子供でした。 しかし男の子には魔力がなかったのです。 チャンスは五歳になった時。火、風、水、土のどの魔法に適正があるか、そして今後の職業を神に問う神事に全てかかっていました。 両親は頼みました「神様どうか、この賢い子に何かしらの魔力と良い職業を授けてください」 司祭は神の御告げを読みました「その子の適正は【空気を読む】と、出たぞよ……職業は……【平民】じゃな」 両親は悲しんだ「空気を読む平民?……それはもう出来てるんだよな」……と。 そのうち、男の子は周りから【無能】と言われるようになりました。 両親もかける言葉が無くなり、ただひたすらに男の子を励まし続けました。 何も出来ない無能な男の子は、魔法絶対主義のこの世界では廃れた技術と笑われる【剣術】に一人打ち込むようになりました。 毎日、毎日、毎日、少年は剣を振るいました。 そして気が付くのです。 多少でも魔法を使えるフリをして生きていく方法に。 そして男の子は十五歳となりました。 この魔法主義世界で魔法を使える『フリ』を続けるという空気の読める立派な平民に。 ※なろう様でも連載しております。
24hポイント 0pt
小説 77,489 位 / 77,489件 ファンタジー 22,367 位 / 22,367件
文字数 143,859 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.04.13
1